ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年1月15日 / ページ番号:C033805

毎月10日は「自転車安全利用の日」

このページを印刷する

毎月10日は「自転車安全利用の日」です。
『自転車安全利用の日』は、市民のみなさんに自転車の安全な利用についての関心と理解を深めていただくために設けられています。
『自転車安全利用の日』には自転車に乗るときの基本ルール「自転車安全利用五則」を確認して実践するなど、自転車の安全な利用に努めましょう。

交通ルールを覚えて守ろう「自転車安全利用五則」

1.自転車は、車道が原則、歩道は例外
2.車道は左側を通行
3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4.安全ルールを守る(信号遵守、交差点での一時停止と安全確認、飲酒運転の禁止、二人乗りの禁止、並進の禁止、夜間はライトを点灯)
5.子どもはヘルメットを着用 

自転車の点検は、ブ・タ・ベル・サ・ハ・ラ

自転車の点検の合言葉、ブタベルサハラ。
さいたま市内で行われている、小学生(3・4年生)対象の「子ども自転車免許教室」でも利用しています。

自転車教室ブタベルサハラ
ブ‥‥ブレーキはちゃんと効きますか?
タ‥‥タイヤの空気圧や溝は大丈夫?
ベル‥ベルはきちんと鳴りますか?
サ‥‥サドルの高さは自分の身長にあっていますか?グラグラしていませんか?
ハ‥‥ハンドルは曲がっていませんか?反射板は汚れたり、割れたりしていませんか?
ラ‥‥ライトはきちんとつきますか?向きはあっていますか?

この頭文字をとって『ブタベルサハラ』と言います。
語呂合わせになっているわけではないのですが・・・なんとなく覚えやすいこの響き。
自転車を利用する前に、ちょっとの点検で安全を。

皆様のご協力をお願いします

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/くらし応援室 
電話番号:048-681-6026 ファックス:048-681-6162

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る