ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年2月25日 / ページ番号:C033621

交通安全保護者の会(母の会)見沼支部の活動について

このページを印刷する

 さいたま市交通安全保護者の会(母の会)は、幼児、児童・生徒、高齢者の交通安全を図るため、交通安全意識の高揚に努め、家庭での交通安全の担い手となるとともに、交通安全の推進者となるほか、関係団体との密接な連携により交通安全思想を普及し、交通事故をなくして明るい安全で安心な街づくりに寄与することを目的としています。

 ここでは、主な活動内容を紹介します。

 子ども自転車免許教室

  自転車教室風景 自転車教室指導

 子ども自転車運転免許制度は、自転車の安全な乗り方や交通ルールを体得させ、事故防止を図ることを狙いとし、見沼区内全小学校(11 校)で主に4年生を対象に実施しています。安全講習、学科試験、自転車による実技試験を行い、受講・合格した児童に免許証を交付します。
 この実技試験部分において、児童への指導はもちろん、保護者の方々へのアドバイスなどを警察と協力し実施しています。

交通安全啓発活動(年4回)

交通安全運動出発式 啓発活動風景

 各季節ごとに行う、交通安全運動のキャンペーン等に警察や交通安全協会等とともに交通安全の啓発活動を行っています。
 25年度は、見沼区役所周辺・東大宮駅周辺・大宮東警察署周辺で行われるキャンペーンに協力しました。

見沼区ふれあいフェア(見沼区民まつり)での啓発活動

ふれあいフェア紙芝居

 毎年11月に行われる、見沼区ふれあいフェアに出展し、幼児や小学生を対象とした「交通安全紙しばい」を実施しています。
 25年度も、多くのお子様に来場いただくことができました。

埼玉県警察本部から表彰されました

表彰式1


 平成27年8月10日 大宮東警察署署長室において、埼玉県警察本部交通部長から「交通安全保護者の会(母の会)見沼支部」として、日頃の活動の成果について感謝状をいただくことが出来ました。

 上記の活動が、少しでも交通事故防止に役に立てばと考えております。引き続き、会員一同活動して参りたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。
 

 

この他にも、敬老会や高齢者施設等へ訪問しての啓発活動など、市や警察に協力し、悲しい交通事故を少しでも減らすため、交通安全に係る様々な協力を行っています。

目的に賛同して頂ける地域の方々と、各小学校PTA等から推薦されるメンバーで構成され、すべてボランティアとして活動しています。
参加にあたり、年齢や性別、保護者であるか否か等の条件や資格等はありませんので、ご興味のある方は事務局までお問い合わせください。

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/くらし応援室 
電話番号:048-681-6026 ファックス:048-681-6162

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る