ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年7月28日 / ページ番号:C049151

北区防犯デーを実施しました。

このページを印刷する

北区防犯デーロゴマーク

北区では、7月1日を「犯罪のない(7・1)日」として「北区防犯デー」と定め、毎年この日を契機に、区民一人ひとりが「自分たちのまちは自分たちで守る」という意識を新たにしています。
10年目となる今回も区内の自主防犯活動団体や学校PTAなどによる「区内一斉パトロール」、「防犯講演会」を行い、区民の防犯意識の向上を呼びかけました。

実施日:平成28年7月1日(金曜日)
主催:北区防犯連絡協議会(事務局:北区役所総務課)
共催:大宮警察署、北区役所

区内一斉パトロール

自主防犯活動団体による区内一斉パトロール
防犯パトロールを行う自主防犯活動団体
(東大成町2丁目自治会)

区内全域の自主防犯活動団体等がパトロール着(ベスト、腕章、帽子等)を着用して一斉にパトロールすることで、「北区は、防犯活動が活発な地域」ということをアピールしました。

参加団体

61団体
区内一斉パトロールにご協力いただきありがとうございました。

パトロール方法

  1. 講演会に参加する前に、地域においてパトロールする
  2. 講演会に参加する前に、地域から会場に向かいながらパトロールする
  3. 講演会に参加した後に、地域においてパトロールする

防犯講演会

区内の自主防犯活動団体等が防犯活動をする上で必要な知識を深めるため、講演会を開催しました。

日時

平成28年7月1日(金曜日)10時から12時まで

会場

プラザノースホール(北区宮原町1-852-1)

参加者

349人

講師

清永 奈穂 氏(NPO法人 体験型安全教育支援機構 代表理事)

テーマ

「地域の子どもは地域で守る!~子どもの安全基礎体力作り~」

子どもを犯罪から守るために必要なことについて、実際の事件現場での調査研究に基づいてお話しいただいたほか、不審者から身を守る方法などについてもお話しいただきました。

講演会の様子
大変興味深い講演で、
参加者の皆さんも熱心に聞いていました。
客席に下りて話をする講師
客席まで下りてお話しいただくなど、
活気あふれる講演会となりました。 

講話「北区の犯罪状況について」

大宮警察署の坂本生活安全課長から、北区の犯罪状況について講話をしていただきました。
北区においては、自転車盗が増えている現状や、振り込め詐欺についても相変わらず多発している状況をお話しいただきました。

自主防犯活動団体による活動事例紹介

日進町2丁目自治会の柳澤勝史氏から、防犯パトロールの実施状況や地域での防犯活動についてご紹介いただきました。

アトラクション

講演会の最後に、埼玉県警察音楽隊とカラーガード隊によるアトラクションが行われました。

消費生活に関する展示

ホールの出入口では、さいたま市消費生活総合センターによる展示が行われました。

大宮警察署生活安全課長の講話
大宮警察署生活安全課長による講話
自主防犯活動団体による活動事例紹介
自主防犯活動団体による活動事例紹介
消費生活総合センターによる展示
消費生活総合センターの展示
警察音楽隊の演奏
埼玉県警察音楽隊の演奏
カラーガード隊の演技
カラーガード隊の演技

この記事についてのお問い合わせ

北区役所/区民生活部/総務課 防災・総務係
電話番号:048-669-6013 ファックス:048-669-6160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る