ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年4月24日 / ページ番号:C042137

難病法に規定する指定難病及び診断基準等が改正されました

このページを印刷する

難病の患者に対する医療等に関する法律において規定する指定難病及び診断基準等について、平成29年4月1日に改正がありましたのでお知らせします。

制度の詳しい内容は、埼玉県ホームページ(難病対策について)(新しいウィンドウで開きます)をご覧ください。

対象疾病が追加されました

難病の患者に対する医療等に関する法律において規定されている対象疾病が、24疾病追加され、合計330疾病になりました。
また、既存の指定難病のうち、2つの疾病の名称が変更されました。

追加・変更疾病一覧(PDF形式:108KB)

既存の指定難病の一部について診断基準等が改正されました

診断基準通知(PDF形式:261KB)

臨床調査個人票(臨個票)が全面改正されました

ただし、適用期日から1年間(最初の支給認定・更新申請に限る)は、改正前の臨床調査個人票も使用可能です。

改正後の臨床調査個人票・診断基準等は厚生労働省のホームページ(新しいウィンドウで開きます)からダウンロードできます。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/疾病予防対策課 特定医療給付係
電話番号:048-840-2219 ファックス:048-840-2230

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る