ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月15日 / ページ番号:C021338

総合療育センターひまわり学園 児童発達支援センター

このページを印刷する

日常生活における基本的動作及び知識技能の修得並びに集団生活に適応することができるよう障がいのあるお子さんの身体及び精神の状態や環境に応じて、適切かつ効果的な訓練及び指導を行っています。
(補足)児童発達支援センターの利用には各相談支援事業者が作成するサービス等利用計画書及び市区町村が発行する通所受給者証が必要になります。詳しくはお住まいの市区町村へお問い合わせください。

肢体不自由児(通称:つぼみ)

首のすわりが遅い、座位や歩行が未発達など、運動機能面に心配や遅れのあるお子さんが保護者と一緒に通う施設です。お子さんの状態等により通所後に親子分離支援を行う場合もあります。
スタッフは保育士を中心に構成しており、状況に応じて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士も参加します。

知的障害児(通称:めぶき)

発達全般の遅れやコミュニケーション、生活面等に心配や遅れのあるお子さんが保護者と一緒に通う施設です。お子さんの状態等により、お子さんが単独で通所し支援する場合があります。
スタッフは保育士、心理士を中心に構成しており、状況に応じて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士も参加します。

難聴児(通称:わかば)

難聴及び難聴に伴うことばやコミュニケーションの発達の遅れがあるお子さんが保護者と一緒に通う施設です。スタッフは保育士と言語聴覚士で構成されています。

障害児相談支援

障がいのあるお子さんが障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービスなど)を利用する前に、相談支援専門員が「障害児支援利用計画」を作成し、一定期間ごとにモニタリングを行う等の支援を行います。

保育所等訪問支援

障がいのあるお子さんや発達に心配のあるお子さんが在籍している保育園や幼稚園等に訪問し、お子さんが楽しい園生活を送ることができるよう、個々の発達の特性に配慮する点など、保護者及び園の担当職員への助言等を行います。また、園に在籍する障がいのあるお子さん等を対象とした「個別支援計画」の策定に関する支援を行います。

地図情報をスキップする。

地図情報

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/総合療育センターひまわり学園/総務課 
電話番号:048-622-1211 ファックス:048-622-4359

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る