ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000292

講習会

消防法第8条第1項に規定する多数のものが出入りし、勤務し、又は居住する防火対象物で一定の収容人員以上を収容する場合、建物の管理権原者は防火管理者を選任し、防火に必要な業務を行わせなければなりません。

高度な防火管理を必要とする一定規模以上の防火対象物の防火管理者については、防火対象物の使用形態の複雑化、消防法令改正等に対応すべく防火管理者の知識や技能の更新を目的とし、一定期間ごとに再講習を受けることが義務付けられています。

消防設備士の資格を持つと屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等の整備や設備設置工事ができます。(工事、整備のできる消防用設備等は、免状に記載された種類に限られます。

防火対象物点検資格者講習平成14年4月に消防法の一部が改正され、一定の防火対象物は、消防法令及び火災予防等に関する事項について、防火対象物点検資格者が、用途の実態や消防計画に基づいた防火管理の実施状況…

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る