ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J003061

償却資産

平成20年度の税制改正で「減価償却資産の耐用年数等に関する省令(以下、耐用年数省令)」が改正されました。(1)耐用年数省令の一部改正平成20年度税制改正において、耐用年数省令の一部改正が行われました。

償却資産の申告について土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産(鉱業権、漁業権、特許権その他の無形減価償却資産を除く。

償却資産の価格は、固定資産評価基準に基づき、取得価額を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して決定します。

無形減価償却資産(営業権・特許権・商標権・ソフトウェア・その他)家庭用の資産(事業用に使用されないもの)自動車税・軽自動車税の対象となる自動車等耐用年数が1年未満又は取得価額が10万円未満の事業用資産…

平成26年10月1日付けで、各区役所課税課で行っている固定資産税の償却資産賦課業務を「固定資産税課」の1箇所に集約しました。

賃貸ビルにテナント入居されている方が事業の用に供するために取り付けた内装や電気・ガスなどの附帯設備は、償却資産としてテナントの入居者に課税します。

償却資産の種類資産の種類細目(例)構築物建物付属設備門、塀、広告塔、舗装路面、緑化施設、屋外配管用設備、その他土地に定着する土木設備または工作物、テナントが取り付けた建物附属設備等機械及び装置工作機械…

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る