ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J003056

土地

平成28年度の固定資産税の税負担を試算すると次のようになります。(ここでの計算上の端数処理は、実際のものとは異なります。)

農地は次の区分によって、課税の内容が異なっています。

住宅用地(住宅の敷地に利用されている土地)については、税負担を軽減する必要から課税標準の特例措置が設けられています。

負担調整措置とは、土地の評価額が急激に上昇した場合であっても、これに伴う税負担の急激な増加を避けるため、その引上げ幅を一定水準に抑えることで、税負担を緩やかに上昇させる措置です。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る