ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年4月10日 / ページ番号:C005407

市たばこ税は、製造たばこの製造者・卸売業者などの卸売販売業者等が市内の小売販売業者に売り渡した「たばこ」に対してかかる税金です。

納税義務者

  • 製造たばこの製造者
  • 特定販売業者
  • 卸売販売業者

(補足)たばこの小売代金に、市たばこ税が含まれていますので、実際に税を負担するのは、たばこを購入した消費者となります。

税率

売り渡した「たばこ」の本数1,000本につき5,262円となります。
ただし、旧3級品の紙巻たばこ(エコー、わかば、しんせい、ゴールデンバット、うるま、ヴァイオレット)については、次表のとおり特例税率が適用となります。
(補足)平成31年4月1日までに、旧3級品の紙巻たばこにかかる特例税率が、縮減・廃止されます。

平成29年4月1日からの税率
税率
(円/1,000本)
平成29年4月1日から 平成30年4月1日から 平成31年4月1日から

市たばこ税
(旧3級品の紙巻たばこ以外)

5,262円 5,262円 5,262円
市たばこ税
(旧3級品の紙巻たばこ)
3,355円 4,000円 5,262円

手持品課税

概要

たばこ税関係法令の改正により、旧3級品の紙巻たばこに係るたばこ税及びたばこ特別税並びに道府県たばこ税及び市町村たばこ税(以下、これらを総称して「たばこ税」といいます。)の特別税率が廃止され、平成31年4月1日までの間に旧3級品の紙巻たばこに係るたばこ税の税率が段階的に引き上げられます。

これに伴い、平成29年4月1日午前0時現在において、販売用の旧3級品の紙巻たばこを5,000本以上所持するたばこの販売業者(小売販売業者及び卸売販売業者)の方に対しまして、その所持する旧3級品の紙巻たばこについて、税率の引上げ分に相当するたばこ税が課税されます。このことを「手持品課税」といい、平成31年まで段階的に実施されます。

申告書の発送

平成29年4月1日分の申告書は平成29年1月中旬に販売業者の方へ郵送いたしました

申告書の提出期限

平成29年5月1日(月曜日)

税金の納付期限

平成29年10月2日(月曜日)

申告書の提出等についての詳細は国税庁ホームページをご参照ください。

www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h28/tabacco/index.htm

参考

たばこ1箱(20本入り430円)の場合の内訳
税目 区分 税額 割合
市たばこ税 市税 105.24円 24.5%
県たばこ税 県税 17.20円 4.0%
国たばこ税 国税 106.04円 24.7%
たばこ特別税 国税 16.40円 3.8%
消費税及び地方消費税 国税及び県税 31.85円 7.4%
原材料費等 その他 153.27円 35.6%

申告と納税

製造たばこの製造者等が前月に売り渡したたばこに対して算出された税額を、翌月の末日までに申告し納めることになります。

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/市民税課 法人・諸税係
電話番号:048-829-1915 ファックス:048-829-1916

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る