ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000259

まちづくり・交通・建設

一定規模以上の開発行為等を行う際には、さいたま市みどりの条例第19条第1項の規定により、緑化に関する協議が必要です。

定期報告制度は、建築物、建築設備及び昇降機等について、安全上支障がないかを専門家に調査・検査をさせて、その結果を市に報告していただく建築基準法に基づく制度です。

社会情勢の変化に伴い、建築物におけるエネルギーの消費量が著しく増加していることから、建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため平成27年7月に建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)が公布されました。

建築基準法の認定・許可等について

近年、地球温暖化問題がクローズアップされるなかで、建築分野においても更なる省エネルギー対策が求められています。

平成21年4月1日から建築物環境配慮制度に基づく届出が始まりました。さいたま市内の建築物については、「CASBEEさいたま」による評価となります。

市営桜木駐車場用地を活用したMICE対応施設誘致に係るサウンディング型市場調査を実施します。

多人数の居住実態がありながら防火関係規定などの建築基準法違反の疑いのある建築物(違法貸しルーム)に係る情報の収集へのご協力をお願いします

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る