ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年2月19日 / ページ番号:C040370

生活保護の医療扶助における転院を行う場合の対応について

このページを印刷する

生活保護法指定医療機関へのお願い

 平成26年8月20日付社援保発0820第1号厚生労働省社会・援護局保護課長通知に基づき、生活保護を受給している入院患者が転院する場合は、事前に書面にて福祉事務所あて連絡していただくことになりました。
 生活保護法指医療機関におかれましては、入院している生活保護受給者が治療上転院が必要となった場合、様式「転院事由発生連絡票」を用い、福祉事務所へ事前連絡をお願いいたします。
 なお、緊急な転院等により、事前連絡ができなかった場合には、転院後速やかに管轄の福祉事務所へご連絡ください。
 資料をご参照の上、通知の主旨につきまして御理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

 
 《資料》
  ・厚生労働省社会・援護局保護課長通知
   「医療扶助における転院を行う場合の対応及び頻回転院患者の実態把握について
   (平成26年8月20日付社援保発0820第1号)(PDF:113KB)
  ・頻回転院患者に関する対応(通知概要)(PDF:88KB)

  ・(様式)転院事由発生連絡票(Excel:11KB)

   

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/生活福祉課 
電話番号:048-829-1844 ファックス:048-829-1961

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る