ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C001885

子育て支援医療、心身障害者医療、ひとり親家庭等医療での窓口無料化を医療機関等が実施するには、どうすればいいですか?

このページを印刷する

回答.医療機関によって、次の2通りの方法に分かれます。

さいたま市内に所在する医療機関等のうち、

1.保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護事業者の場合

 さいたま市の福祉医療受給者にかかる平成21年4月以降の診療分より、公費負担者番号制度を導入したことにより、同月以降の診療分については、公費併用レセプトにより審査支払機関(国保連合会または社会保険診療報酬支払基金)を通じてご請求いただくことが可能となったため、平成21年4月以降に開業・開設された場合には協定が不要となりました。

(ご注意)

 ただし、平成21年3月以前に福祉医療該当の患者様を診療され、当該診療分の請求にあたって、当市との協定を締結していただいていない場合には、2.同様に別途協定が必要となります。(なお、ただし書きに該当する場合であっても、協定の有無にかかわらず、現物給付によるご請求は診療翌月1日から起算して3年を経過した場合には消滅時効となり請求できません。)

2.柔道整復・鍼灸・あんま・マッサージの施術者様または施術所の場合

 保健所への開設届等をしていただいたのち、現物給付の協定医療機関等として、本市と協定を結ぶ必要があります。

重要 協定を結ぶには、以下の届出が必要になります。

提出書類

  1. さいたま市福祉・子育て支援医療費事業に関する協定書(正・副2通)
  2. 福祉・子育て支援医療費支給事業における現物給付口座振込依頼書

(補足)1.・2.は、事務マニュアル等と一緒に郵送いたしますので、年金医療課までご連絡ください。
なお、年金医療課の窓口でもお渡ししています。

届出窓口

保健福祉局福祉部年金医療課福祉医療係
(郵送での届出も受け付けています。)

注意事項

  • 協定書は2通ありますので、2通ともご提出ください。
  • 協定書、口座振込依頼書には、押印が必要です。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 福祉医療係
電話番号:048-829-1279 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る