ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年3月15日 / ページ番号:C001953

建設リサイクル法のご案内

このページを印刷する

一定規模以上の建築物の解体工事等を行う場合には届出が必要です。

平成14年5月30日から「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」が全面施行になり、対象となる一定規模以上の建築物の解体工事等(下記1)を行う場合、発注者等には、工事着手の7日前までに、届出することが義務付けられています。また、解体工事等を行う業者(元請業者・下請業者とも)には、特定建設資材(下記2)廃棄物を基準(下記3)に従って分別解体等し、再資源化等をすることが義務付けられています。

(補足)届出書の様式等が平成22年4月1日より変わります。
特定建設資材に係る分別解体等に関する省令及び建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律施行規則において、届出者の負担軽減や行政実務の効率化等の観点から見直し、また、取組が遅れている木材の再資源化を促進するため、木材の分別の妨げとなる建設資材(石膏ボード等)を先に取り外すよう、解体工事の工程の順序を詳細化する等、省令及び規則の一部が改正され、2月9日に公布されました。
詳しくは国土交通省ホームページをご覧ください。
国土交通省ホームページ
リンク:国土交通省のリサイクルホームページ(新しいウィンドウで開きます)
(注意)様式の新旧に誤りがある場合、届出の受理ができませんのでご注意ください。

(補足)埼玉県では上記様式変更に伴い、建設リサイクル法で定める石綿の事前調査及び事前措置の状況を、届出書別表にチェックする形式としましたので、ご協力をお願いいたします。
(このような区分によるチェックは、法令に基づくものではありませんが、適切な石綿処理の推進を図るために行うものですので、ご理解ご協力をお願いいたします。)
埼玉県の新しい様式については、埼玉県ホームページ内「建設リサイクル法関係様式集(新しいウィンドウで開きます)」をご参照ください。
埼玉県のホームページ
リンク:埼玉県県土整備部総合技術センター(新しいウィンドウで開きます)

1 対象となる建設工事

対象となる建設工事
工事の種類 規模の基準
建築物の解体工事 床面積の合計 80平方メートル以上
建築物の新築・増築工事 床面積の合計 500平方メートル以上
建築物の修繕・模様替工事(リフォーム等) 請負代金の額 1億円以上
建築物以外の工作物の工事(土木工事等) 請負代金の額 500万円以上

(補足)

  • 建築物の修繕、模様替等工事とは建築物に係る新築工事等であって新築又は増築の工事に該当しないもの
  • 建築物以外の工作物の工事とは建築物以外のものに係る解体工事又は新築工事等
  • 請負代金の額には消費税を含む

2 特定建設資材

  1. コンクリート
  2. コンクリート及び鉄から成る建設資材 (プレキャスト鉄筋コンクリート版、鉄筋コンクリート等)
  3. 木材
  4. アスファルト・コンクリート

注意)特定建設資材廃棄物とは特定建設資材が廃棄物処理上の廃棄物となったものです。

3 分別解体等の施工方法に関する基準

基準の図

工事の発注者や受注者は次のことを行う必要があります。

適切な分別解体等及び再資源化等の実施を確保するため、発注者による工事の事前届出や元請業者から発注者への事後報告、現場における標識の掲示などが義務付けられています。

分別解体・再資源化等の発注から実施への流れ

分別解体・再資源化等の発注から実施への流れの図

(1)受注者から発注者への説明(受注者(元請)の義務)

対象建設工事の元請業者は、発注者に対し、建築物等の構造、工事着手時期、分別解体等の計画等について書面を交付して説明することが必要です。

(2)契約

発注者が元請業者とかわす対象建設工事の契約書面においては、分別解体等の方法、解体工事に要する費用及び再資源化のために特定建設資材廃棄物を持ち込む予定の施設の名称等の明記が必要です。

(3)事前届出(発注者の義務)

発注者は、工事着手の7日前までに、分別解体等の計画等について、さいたま市長に届け出ることが必要です。

(4)変更命令

発注者の届出に係る分別解体等の計画の基準に適合しないと認められる場合、さいたま市長より変更命令が行われます。

(5)告知 (6)契約

受注者は、請け負った建設工事の全部又は一部を他の建設業者に下請けさせる場合には、元請業者は、下請業者に対し、さいたま市長への届出事項を告知したうえで契約を結びます。

(7)工事の実施-分別解体等・再資源化等の実施、技術管理者による施工の管理、現場における標識の掲示(受注者全体(元請・下請とも)の義務)

分別解体等・再資源化等の実施にあたっては、解体工事業者(注釈)は、解体工事の現場ごとに、公衆の見やすいところに標識を掲示して下さい。また工事の施工を管理する技術管理者の配置が必要です。なお、建設業許可業者が工事を行う場合は、建設業法に基づく標識の掲示や技術者の配置が必要です。

(注釈)解体工事業を営もうとする者は請け負おうとする解体工事の規模や額にかかわらず、工事をしようとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければなりません。ただし、建設業の許可を受けた者は改めて登録する必要はありません。

(8)再資源化等の完了の確認及び発注者への報告(受注者(元請)の義務)

元請業者は、再資源化等が完了したときは、その旨を発注者に書面で報告(注釈)するとともに、再資源化等の実施状況に関する記録を作成し、保管します。

(注釈)報告項目

  • 再資源化等が完了した年月日
  • 再資源化等をした施設の名称及び所在地(特定建設資材廃棄物のみ)
  • 再資源化等に要した費用(特定建設資材廃棄物のみ)

届出事項

届出事項は以下のとおりです。

届出事項
項目 建築物解体 建築物新築等 建築物以外のもの
(土木工事を含む)
解体
建築物以外のもの
(土木工事を含む)
新築等
届出者に関する事項
工事の概要
元請業者に関する事項
対象建設工事の元請業者から説明を受けた日
工程の概要
建築物等の構造
工事の種類
使用する特定建設資材の種類
建築物等に関する調査の結果
工事着手前に実施する措置の内容
工事着手の時期
工程ごとの作業内容
工程ごとの解体方法
工事の工程の順序
建築物等に用いられた建設資材の量の見込み
廃棄物発生見込み量

(補足)表中の新築等とは新築・増築、修繕・模様替のこと

届出書及び添付図書等

届出は、法で規定する届出書(別表「分別解体等の計画等」を含む。)に次の1から4までの必要な図書を添付し、提出してください。

  1. 委任状(代理者が届け出る場合は添付してください。また、発注者又は自主施工者が法人の場合、代表者本人でなく社員が代理で届け出る場合は、委任状の提出が必要である。)
  2. 案内図
  3. 設計図又は写真(明瞭な写真)
  4. 工程表(届出書に工程の概要を記載することができない場合は添付してください。)

(注意)提出部数は2部となります。

届出書類の綴り方

届出書類は、1.届出書(変更届出書)、2.別表(該当する工事のもの)、3.工程表、4.設計図又は明瞭な写真、5案内図、6.委任状(窓口での届出書の補正を他人が行う場合)の順に綴り、左側1箇所又は2箇所で留めてください。なお、両面印刷でも差し支えありません。

さいたま市における届出提出場所

さいたま市における届出提出場所
対象建設工事の現場のある区域 届出提出場所
西区、北区、大宮区、見沼区、岩槻区 さいたま市北部建設事務所 建築指導課(大宮区役所内)
中央区、桜区、浦和区、南区、緑区 さいたま市南部建設事務所 建築指導課(中央区役所内)

(注意)対象建設工事の種類にかかわらず、各区域を担当する建築指導課へ届出をしてください。
また、確認申請を指定確認検査機関に提出する場合でも、届出提出場所は同様となります。

申請様式

平成22年4月1日以降の届出様式

埼玉県の新しい様式については、埼玉県ホームページ内「建設リサイクル法関係様式集(新しいウィンドウで開きます)」をご参照ください。

お問い合わせ先

届出等及び分別解体等に関して

西区、北区、大宮区、見沼区、岩槻区
建設局 北部建設事務所 建築指導課
電話番号 048-646-3235
ファックス 048-646-3268

中央区、桜区、浦和区、南区、緑区
建設局 南部建設事務所 建築指導課
電話番号 048-840-6236
ファックス 048-840-6267

再資源化等に関して

環境局 資源循環推進部 産業廃棄物指導課
電話番号 048-829-1607
ファックス 048-829-1933

建設局建築部建築総務課の紹介へ

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築総務課 企画係
電話番号:048-829-1539 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る