ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月2日 / ページ番号:C001605

スポーツ安全保険

このページを印刷する

スポーツなどの市民活動を、小さな掛け金で大きく補償する「スポーツ安全保険」、皆さんご存知でしょうか。
公益財団法人スポーツ安全協会が契約者となり、加入手続きを行ったアマチュアのスポーツ活動、文化活動、ボランティア活動、地域活動、指導活動などを行う4名以上の社会教育関係団体の構成員を被保険者として、損害保険会社9社との間に「傷害保険」「賠償責任保険」「突然死葬祭費用保険」を一括契約した補償制度です。
現在では約1,000万人もの人々が加入しており、広く市民活動をカバーしています。なお、日本国内での事故を対象としています。ただし、学校管理下における活動中の事故は除きます。

対象となる事故の範囲

  • 団体(スポーツ少年団、少年スポーツクラブ、子ども会、学童クラブ、放課後クラブ、ボーイスカウト、ガールスカウト、海洋少年団、交通少年団、青少年赤十字、緑の少年団、鼓笛バンド、少年野球クラブ、少年サッカークラブ、少年剣道クラブ、全国子どもプランにより結成される団体、総合型地域スポーツクラブなど)の管理下における活動中の事故
  • 所属する団体が指定する集合・解散場所と、被保険者の自宅との通常の経路往復中の事故

補償の対象となる方(被保険者)

加入した各個人を被保険者とします。ただし、賠償責任保険では、加入者が子どもで責任能力がない場合は、その子どもの親権者などの法定監督義務者を被保険者とします。

加入手続きの流れ

以下の施設に備え付けてある加入依頼書の、最終ページに付帯している払込取扱票を使用し、郵便局の窓口で払込みを行ってください。(別途、郵便局所定払込手数料がかかります。)
加入依頼書に必要事項をご記入のうえ、払込みを行った当日に、郵便振替払込受付証明書を貼付してから、添付の封筒にてスポーツ安全協会埼玉県支部まで、切手を貼って郵送してください。加入依頼書の代表者控は、払込金受領書を貼付のうえ大切に保管してください。

さいたま市役所及び各区役所、市内公民館、浦和総合運動場、浦和駒場体育館、浦和西体育館、大宮体育館、大宮武道館、与野体育館、記念総合体育館、駒場スタジアム、荒川総合運動公園、三橋総合運動公園、大和田公園、天沼テニス公園、岩槻温水プール、岩槻文化公園体育館、浦和コミュニティセンター、片柳コミュニティセンター、七里コミュニティセンター、東大宮コミュニティセンター、高鼻コミュニティセンター、ふれあいプラザいわつき、南浦和コミュニティセンター、日進公園コミュニティセンター、武蔵浦和コミュニティセンター、美園コミュニティセンター、生涯学習総合センター

(補足)インターネットでの加入手続方法は、公益財団法人スポーツ安全協会のホームページをご覧ください。短期スポーツ教室(開催期間3か月以内)については、インターネット加入のみとなります。

詳細

以下のリンクボタンをクリックしてください。
公益財団法人スポーツ安全協会へのリンク(新しいウィンドウで開きます)

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/スポーツ部/スポーツ振興課 スポーツ支援係
電話番号:048-829-1731 ファックス:048-829-1996

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る