ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年4月22日 / ページ番号:C039108

チコリーのご紹介

このページを印刷する

さいたま市産のチコリーは、3軒の農家が共同で「浦和軟化蔬菜出荷組合チコリー部会」として生産しています。

チコリーとは?

北ヨーロッパ原産のキク科の多年生植物で、和名は菊苦菜(キクニガナ)といいます。
白菜の芯に似た紡錘形の葉菜で、乳白色の葉を食べます。
さくさくした歯ざわりと独特のほろ苦さが特徴で、日本では高級食材として扱われることも多いのですが、ヨーロッパではとてもポピュラーな野菜です。
チコリーの一番の特徴は、暗いところで葉を成長させるため、乳白色になるところです。


チコリー

栽培方法は?

7月頃 12月頃 12月~4月
播種の様子 掘り取りの様子 調製したところ 軟化栽培1 軟化栽培2
播種 養成株の収穫 軟化栽培
梅雨明け前に、茶色の小さな種を播き、畑で約半年かけて株を養成します。

株を収穫します。地上部を切り落とし、根は20cm程度に調製し、冷蔵庫で保存します。(写真右は株を調製したところ。)

養成株を冷蔵庫からハウス、トンネル内に伏せ込みます。株から乳白色の茎葉が伸びあがり、約1ヶ月で収穫となります。
1月 4月初旬まで
収穫2 収穫 箱に詰めたところ
収穫 箱詰め~出荷
伸びてきた芽を切って収穫します。日光に当たると色が変わってしまいます。 きれいに調製して箱詰めし、市場やさいたま市内のレストランへ出荷されます。

レシピの紹介(さいたま市農情報ガイドブックより抜粋)

チコリーのレシピについてはメニュー名をクリックしてご覧ください。

チコリーの簡単ベーコンチーズ焼き チコリーのボイル、ゴルゴンゾーラソース チコリーとキュウリとニンジンのバーニャカウダ
チコリーの簡単ベーコンチーズ焼き チコリーのボイル、ゴルゴンゾーラソース チコリーとキュウリとニンジンのバーニャカウダ
チコリーボートのサラダちらし寿司 チコリーとチキンのグラタン風
チコリーボートのサラダちらし寿司 チコリーとチキンのグラタン風


チコリーのレシピのほかにも、さいたま市の農情報がたっぷり詰まった、「さいたま市農情報ガイドブック<平成28年度版>」も併せて御覧ください。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

経済局/農業政策部/農業政策課 
電話番号:048-829-1376 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る