ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年11月5日 / ページ番号:C015240

震災時における児童生徒の安全確保等の指針」について

このページを印刷する

 さいたま市教育委員会では、平成23年4月に「東日本大震災における児童生徒の安全確保等検証委員会」を設置し、東日本大震災における本市の児童生徒の安全確保等に関する課題について検証した結果をもとに、8月に「震災時における児童生徒の安全確保等の暫定指針」を策定しました。

 各学校では、この暫定指針に基づいて、「学校における防災計画」の整備を進めてきました。

 平成24年6月4日、「さいたま市地域防災計画」の改定に伴い、「震災時における児童生徒の安全確保等の暫定指針」を廃止し、「震災時における児童生徒の安全確保等の指針」を定めました。詳細は、下記のとおりです。

1 名称

「震災時における児童生徒の安全確保等の指針」

2 指針の主な内容

  1. 「学校における防災計画」の見直し
  2. 「学校防災安全マップ」の作成
  3. 緊急地震速報を活用した避難訓練と引渡し訓練の実施
  4. 地震発生時の児童生徒の安全確保及び避難
  5. 保護者への引渡し基準の明確化
  6. 休日等において地震が発生した際の児童生徒の安否確認
  7. 学校に関する情報の伝達

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/健康教育課 
電話番号:048-829-1678 ファックス:048-829-1990

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る