ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年2月13日 / ページ番号:C014449

市立学校の空間放射線量の測定結果について

このページを印刷する

 さいたま市では、市立学校152校(全164校のうち、定点モニタリング地点12校を除く)において空間放射線量の測定を行いました。その結果、各地点での空間放射線量は、1時間当たり0.04から0.13マイクロシーベルトの範囲にあり、年間の被ばく予測線量を調査した結果、すべての地点で国際放射線防護委員会(ICRP)が勧告した一般公衆の線量限度である年間1ミリシーベルトを下回りました。
 詳細につきましては、下記のとおりです。

1 測定日

平成23年7月8日(金曜日)・11日(月曜日)・12日(火曜日)

2 測定地点及び測定結果

下のダウンロードをご覧ください。

3 測定方法等

  1. 測定機器 CsI(Tl)シンチレーション検出器
  2. 測定箇所 校庭トラック中央部及び芝生整備校については芝生整備箇所も測定
  3. 測定高さ 地上5センチメートル、50センチメートル 及び1メートル
  4. 測定者 教育委員会事務局職員

4 検査結果に対する学識経験者の考察

検査結果について、医療放射線防護連絡協議会総務理事の自治医科大学RIセンター管理主任の菊地透氏に考察をいただきました。

<測定結果に対する学識経験者の考察>
 7月8日(金曜日)から12日(火曜日)に測定した、市立学校の空間放射線量率の試算結果から、芝生上も含め、すべての地点・高さで、法令の通常時における一般公衆の線量限度である年間1ミリシーベルトを下回っており、我が国の通常の自然環境中の変動レベルであると考えられます。
 なお、芝生上の測定値において、校庭よりも高い数値が検出されましたが、これは、3月15日以降に堆積した福島原発からの放射性物質が芝生及びその下の土壌に付着していると考えられることから、少し高い数値が検出されたと推測されます。また、自然環境中の自然放射性物質も場所によって、数倍の変動レベルが観測されます。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育総務課 
電話番号:048-829-1623 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る