ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J001751

さいたま市教育委員会の主な事業

さいたま市では、全市立中学校の技術・家庭科で、「赤ちゃん・幼児触れ合い体験」を実施します。そこで、本事業に御協力いただける「ボランティア親子」を募集します。

平成26年度から、「土曜チャレンジスクール」「放課後チャレンジスクール」を一体とし、「チャレンジスクール推進事業」として、市立小・中学校での実施を支援しています。

さいたま市教育委員会では、「学校・家庭・地域・行政の連携」による教育を推進しています。本事業は、全ての市立小・中・特別支援学校において、「地域ぐるみで子どもを育てる体制」を整えることを目的としています。

さいたま市では、児童生徒の体力向上のための総合振興策「子どものための体力向上サポートプラン」を展開しています。

「自分発見!」チャレンジさいたまについて、よくある質問をまとめました。

さいたま市教育委員会では、「子どもの個性や能力を伸ばし、その可能性を開花させたい。」という願いのもと、平成20年7月に、「『自分発見!』チャレンジさいたま」をスタートしました。

 さいたま市立中等教育学校(仮称)整備事業について、「民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律(PFI法)」第12条の規定に基づき、議会の議決を経て、次のとおり特定事業契約を締結しました。

さいたま市では、姉妹都市であるニュージーランド・ハミルトン市に市立中学校代表の中学生を派遣しています。

さいたま市では、さいたま市学校教育ビジョンのもと、学校・家庭・地域・行政が連携・協力して「知」「徳」「体」「コミュニケーション」のバランスのとれた子どもをはぐくむことを目指しています。

さいたま市の小・中学校が行う校外における行事は、平素と異なる生活環境のもとで望ましい集団活動を行うことにより、豊かな充実した生活を経験させ、校内では得られない教育効果を期待して実施するものです。

「ス学ビ」は、児童生徒自らがさいたま市のキャラクター「ヌゥ」と一緒に、スマートフォンアプリの機能やトラブル未然防止の方法、対処方法等について学べる学習サイトです。小学校高学年の児童から中学生、高校生、保護者、教職員まで活用できるよう工夫されています。学校や家庭など場所を選ばず、どこからでも活用することができます。

この事業は、さいたま市立中・特別支援学校の生徒に勤労観、職業観をはぐくみ、学ぶことの意義を考える機会とすることをねらいとしています。

学校教育の中で、特に重視したい教育活動のひとつが「生きる力」の基盤となる基礎的な知識や技能を児童生徒に身に付けさせることでです。

さいたま市教育委員会では、姉妹校等の関係にある海外の学校との作品交流、手紙交換、児童生徒の派遣・受入等の実施を通して、国際教育及び国際交流を推進する学校に、通信運搬費及び消耗品費の補助を行っています。

さいたま市教育委員会では、児童生徒の科学的リテラシー、数学的リテラシーの定着と知的好奇心の高揚を図るために、指導1課、教育研究所、青少年宇宙科学館が連携して、次の3つの取組を行っています。

さいたま市では、「ゆめをもち、未来を切り拓く、さいたま市の子ども」の育成を目指しています。

さいたま市が実施している事業にボランティアとして参加してみたいという市民の皆様の利便性を高めるために、ボランティアシティさいたまWEB(愛称:ぼらたま)を開設しています。

学校教育推進、生徒指導総合計画、特別支援教育推進、教育指導充実、特別支援学校管理運営、教育相談の事業を行います。

さいたま市では、自他の生命がかけがえのない大切なものであることを深く自覚し、生命を大切にできる児童生徒を育成するために、平成24年度から、すべての市立中学校で「赤ちゃん・幼児触れ合い体験」の授業を実施…

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る