ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J001749

教育委員会の方針・計画

児童生徒の生活習慣の一層の向上を図るため、学校・家庭・地域・行政が協力し、「早寝・早起き・朝ごはん」「ノーテレビ・ノーゲームデー」「友達や物を大切にすること」「携帯電話やパソコン等の使い方について家族…

さいたま市の教育の充実・発展を図ることを目的として、連携大学と相互に連携協力し、教員養成の充実、教員の資質・能力の向上及び未来に生きる子どもたちの望ましい教育環境整備のための実践的な研究及び活動を行い…

さいたま市教育委員会では、学校飼育動物を通した教育の充実のため、以下のような取組を推進しています。

さいたま市立幼児教育センターは、さいたま市の幼児教育推進のために、研究実践園としての付属幼稚園の運営とともに、次の4つの事業を行っています。

教育行政方針は、教育委員会が新年度の教育行政の執行にあたって、教育行政運営の基本的な考え方や主要な施策などについて示したものであり、毎年2月議会において表明します。

さいたま市教育行政点検評価委員会の開催結果を掲載しています。

さいたま市教育総合ビジョンは、さいたま市の中長期的な目指すべき教育の方向性を明確に示すとともに、「学校・幼稚園・保育園・企業」、「家庭」、「地域」、「行政」の連携のもと、教育行政を総合的・計画的に推進…

「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」第26条に基づき、教育委員会がその権限に属する事務の管理及び執行状況について、事業の点検・評価を行いましたので、その結果に関する報告書を公表します。

さいたま市は、「さいたま市の子どもたちは日本で一番本が好き」の実現を目指しています。

さいたま市教育委員会では、地域の自然や社会の中での体験活動を通して、環境への理解を深め、自然を尊重する心を育てるとともに、環境保全に寄与する行動がとれる児童生徒の育成を図る環境教育の充実に向けて、以下…

全国的に、いじめが大きな社会問題になっており、また、深刻な事故も続いております。

教育委員会では、平成28年度から全ての市立小中学校で新しい英語教育「グローバル・スタディ」を実施しています。

さいたま市教育委員会では、平成20年3月に「知」「徳」「体」「コミュニケーション」のバランスのとれた子どもをはぐくむことを基本理念とする「さいたま市学校教育ビジョン」を策定しました。

さいたま市教育委員会では、英語教育を推進するために、外国語指導助手(AssistantLanguageTeacher)を全学校に派遣し、児童生徒の英語によるコミュニケーション能力を育成してまいります。

平成26年度以降を対象とした「第2次さいたま市生涯学習推進計画」を策定しました。

さいたま市立幼児教育センターさいたま市立幼児教育センターは、さいたま市の幼児教育推進のために、付属幼稚園の研究実践園としての運営とともに、次の4つの事業を行っています。

さいたま市では、学校・家庭・地域がそれぞれの教育力を結集し、連携・協力しながら、豊かな心をもち、たくましく生きる児童生徒の健全な育成を図るため、学校教育に保護者や地域住民の意見や考え方等を反映させ、学…

学校評価は、学校教育法施行規則等に基づいて行われます。本市では、さいたま市小・中学校管理規則第26条の3に基づき、学校関係者評価につきましても、実施及び結果の公表を義務化しています。

さいたま市立小学校児童事故対応検証委員会開催結果を掲載しております。詳細は、下記のダウンロードファイルを御参照ください。

現在、情報が登録されていません。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る