ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月28日 / ページ番号:C042312

子ども・子育て支援新制度における利用者負担額について

このページを印刷する

利用者負担額(保育料)は、国が定める基準の範囲内で市町村が設定することとされています。
さいたま市における利用者負担額(保育料)は、ダウンロードファイル一覧のとおりです。

同一世帯から2人以上の児童が保育園等に在籍している場合の認可保育施設の利用者負担額について

最も年齢の高い児童(1人目)⇒通常利用者負担額
次に年齢の高い児童(2人目)⇒通常利用者負担額の2分の1
その他の児童(3人目)⇒無料

※「保育園等に在籍」とは、認可保育園・認可幼稚園・認定こども園・小規模保育施設・特別支援学校幼稚部・情緒障害児短期治療施設通所部に入所又は児童発達支援及び医療型児童発達支援を利用している場合を指します。

※上記の保育園等のうち、認可保育園以外に在籍の場合は、預け先の在園証明書を提出してください。預け先に書式が無い場合は、区役所支援課にある様式を使用してください。

利用者負担額(保育料)の切り替えを9月におこないます

利用者負担額(保育料)の算定にあたりましては、直近の所得の状況を反映させる観点から、8月以前は前年度分の市町村民税額(前々年の収入により算定)、9月以降は当該年度分の市町村民税額(前年の収入により算定)により決定します。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/幼児未来部/保育課 
電話番号:048-829-1865 ファックス:048-829-2516

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る