ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年8月24日 / ページ番号:C049576

生活保護における後発医薬品(ジェネリック医薬品)使用原則化の取組に関する情報提供方法の変更について

このページを印刷する

  さいたま市では、平成28年8月1日から先発医薬品を調剤した事情等の記録・福祉事務所への情報提供方法を、これまでの「書面」から「調剤報酬明細書摘要欄への記入」に変更いたしましたので、次のとおり取組への御協力をお願いいたします。
 

  1 一般名処方による処方せん、または銘柄名処方であって、後発医薬品への変更を不可としていない処方せんを持参した対象者に、取組内容について説明をお願いいたします。

  2 対象者に後発医薬品を調剤しなかった場合は、調剤報酬明細書の摘要欄に「後発医薬品を調剤しなかった理由」を記載してください。

 ※上記情報提供方法の変更に伴い、「生活保護受給者への後発医薬品の調剤状況」への記録・福祉事務所への送付は平成28年7月分までとなります。

【資料】
 ・生活保護法の指定を受けている薬局の方へ(PDF形式:95KB)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/生活福祉課 管理係
電話番号:048-829-1844 ファックス:048-829-1961

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る