ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月6日 / ページ番号:C040219

基本チェックリストを実施します。

このページを印刷する

 

 ≪基本チェックリストを実施します。≫

 さいたま市にお住まいの要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の方を対象に、毎日の生活を維持していくうえで、身体の衰弱や低栄養といった加齢に伴う生活機能の低下をいち早く発見し、介護予防事業につなげるための生活機能評価(介護予防健診)を医療機関で実施してきましたが、介護保険制度の改正に伴い平成26年度末をもって実施を終了しました。

 今後、日々の生活の中で心身の状態に不安を感じたり、生活機能の低下を感じる方は、各区役所高齢介護課又はシニアサポートセンター(地域包括支援センター)に御相談ください。御相談いただいた方に対して基本チェックリストを実施します。判定基準により、心身の状態について注意を必要と思われる方には介護予防教室の参加をお勧めします。

 
≪対象者≫

 市内にお住まいの要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の方(満65歳の誕生日以降に実施できます。)


 ≪実施場所≫

 お住まいの区の区役所高齢介護課またはシニアサポートセンター(地域包括支援センター)

 ※住所によって、担当のシニアサポートセンター(地域包括支援センター)が異なりますので御注意下さい。


 ≪実施方法≫ 

 基本チェックリストを用いた25項目の簡単な質問に「はい」、「いいえ」で答えていただくものになります。

例)  バスや電車で1人で外出していますか?

    転倒に対する不安は大きいですか?

    週に1回以上は外出していますか?

  基本チェックリストの判定基準により、生活機能の低下がみられると判定された方は、元気アップシニア(二次予防事業対象者)として介護予防教室の参加をお勧めしています。詳細につきましては、シニアサポートセンター(地域包括支援センター)の職員が連絡し、その方にあった介護予防のプログラムを説明いたします。生活機能の低下がみられない方には、元気な方向けの介護予防教室がございます。

※生活機能とは?

 日常生活で必要となる機能のことです。今の自分の状態をチェックして、できるだけ生活機能を低下させないことが介護予防につながります。

 

≪費用≫ 無料

 

≪介護予防教室について≫

 基本チェックリストの判定基準により、元気アップシニア(二次予防事業対象者)となった方には、以下の介護予防教室の参加をお勧めしております(教室名は区によって異なる場合があります。)

 

元気回復トレーニング教室
ストレッチやウォーキング、各種体操などを行います。

お口の健康教室
口腔ケアの講義や唾液腺マッサージの指導などを行います。

ふれあい教室
レクリエーションやゲーム、軽運動、頭の体操などを行い、地域の趣味活動やボランティア活動などへの参加を促すなどにより、生活全般の活性化につなげます。

はつらつ元気教室
体操、頭の体操、簡単な器具を用いた運動、各種講義(栄養改善・口腔ケア・認知症等)などを行います。

運動器の機能向上教室
マシンを使った筋力トレーニングを行います。

 

 ≪問合せ先≫

 各区役所高齢介護課またはシニアサポートセンター(地域包括支援センター)

 ※シニアサポートセンター(地域包括支援センター) についてはこちらを御参照ください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/いきいき長寿推進課 
電話番号:048-829-1257 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る