ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月30日 / ページ番号:C050165

健康サポート薬局について

このページを印刷する

【はじめに】

 高齢化が進行する現代においては、地域包括ケアシステムの構築が推進され、薬剤師には調剤や医薬品供給等を通じて公衆衛生の向上・増進に寄与し、国民の健康な生活を確保する役割が求められてきています。しかし、医薬分業が進む一方で、患者の服薬情報の一元的な把握などの本来の医薬分業の機能が必ずしも発揮できていないなどの状況がありました。
 このため、患者本位の医薬分業の実現に向けて検討が進められ、地域包括ケアしシステムの中でかかりつけ薬剤師・薬局が、地域住民による主体的な健康維持・増進を支援すること(健康サポート)に関する基準や公表の仕組みについてを取りまとめた「健康サポート薬局のあり方について」が示されました。この内容を踏まえ、平成28年2月12日付、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則(以下「施行規則」とする。)の一部改正により健康サポート薬局である旨の表示及び公表について規定し、また、同日の告示の制定により健康サポート薬局の基準が定められました。

 ※「健康サポート薬局のあり方について」(平成27年9月24日) <ダウンロード PDF: 426KB>

【健康サポート薬局とは】 

 健康サポート薬局とは、かかりつけ薬剤師・薬局の基本的な機能に加え、地域住民による健康の維持・増進を積極的に支援(健康をサポート)する薬局です。
  ※施
行規則第1条第2項第5号
「患者が継続して利用するために必要な機能及び個人の主体的な健康の保持増進への取組みを積極的に支援する機能を有する薬局」

【施行規則一部改正及び基準告示の概要について】  

●【施行規則の一部を改正する省令】(平成28年2月12日付厚生労働省令第19号)<ダウンロードPDF:188KB>
                                                (以下「改正省令」とする。) 

●【施行規則の一部を改正する省令の施行等について】(平成28年2月12日付厚生労働省通知 薬生発0212第5号)
   <ダウンロードPDF:308KB>                      (以下「施行通知」とする。) 
 
  改正省令により、健康サポート薬局である旨の表示および公表について規定されました。概要は次のとおりです。

 ★ 健康サポート薬局である旨を表示するときは、あらかじめ、その薬局の所在地の都道府県知事(さいたま市の場合はさいたま市保健所)に届出ること。
 ★ 届出においては、薬局が、厚生労働大臣が定める基準に適合するものであることを明らかにする書類を添付すること。
 ★ 健康サポート薬局である旨を表示するときは、その薬局を厚生労働大臣が定める基準に適合させること。
 ★ 健康サポート薬局の表示の有無については、法第8条の2の規定による薬局機能情報の報告事項として報告すること。

●【施行規則第1条第5項第10号に規定する厚生労働大臣が定める基準】(平成28年厚生労働省告示第29号)                                            <ダウンロードPDF:98KB>                                               (以下「基準告示」とする。) 

 基準告示により、健康サポート薬局の基準が規定されました。健康サポート薬局には、「かかりつけ薬局」としての基本的機能の他、「健康サポート」機能が必要となります。

(1)かかりつけ薬局としての基本的機能
  1.かかりつけ薬剤師選択のための業務運営体制
  2.服薬情報の一元的・継続的把握の取組と薬剤服用歴への記載
  3.懇切丁寧な服薬指導及び副作用等のフォローアップ
  4.お薬手帳の活用
  5.かかりつけ薬剤師・薬局の普及
  6.24時間対応
  7.在宅対応(直近1年間の在宅患者への薬学的管理及び指導の実績)
  8.疑義照会 等
  9.受診の勧奨
  10.医師以外の多職種との連携

(2)健康サポート機能 
  1.健康サポートを実施する上での地域における連携体制の構築
  2.常駐する薬剤師の資質(5年以上の実務経験のある研修修了薬剤師の常駐 等)
  3.設備(個人情報に配慮した相談窓口の設置 等)
  4.表示(健康サポート薬局である旨、実施する健康サポートの具体的内容 等)
  5.要指導医薬品等、介護用品等の取り扱い
  6.開店時間(平日の営業日は連続して開局し、かつ、土曜日又は日曜日のいずれか4時間以上開局 等)
  7.健康サポートの取り組み(健康の保持増進に関する相談対応と記録の作成 等)

 基準の詳細は「基準告示」の他、以下も参照してください。
●平成27年10月23日厚生労働省「患者のための薬局ビジョン」(本文)<ダウンロードPDF:592KB>

【健康サポート薬局の届出について】

 健康サポート薬局である旨を表示するときは、あらかじめ、健康サポート薬局に関して厚生労働大臣が定める基準に適合するものであることを明らかにする書類を添付し、薬局の所在地を管轄する保健所(さいたま市内の場合はさいたま市保健所)へ届出なければなりません。 

(1)届出に必要な書類  

書類 様式ダウンロード
1.変更届書 様式(word:41KB)     記載例(word:117KB)
2.添付書類チェック表

添付書類チェック表<施行通知 別表1>(PDF:242KB)

※この添付書類一覧を用いて、添付書類が整っていることを確認してください。

3.添付書類

 

かかりつけ薬局の機能に関することを記載した省令手順書、

健康サポートを実施する上での業務手順書(又はこの内容を記載した省令手順書)等


 
 

※2.の添付書類チェック表で確認した添付書類を、変更届書に添付して提出してください

(2)届出の流れ

 【提出書類の事前相談】(必ず事前にご相談ください!!)
    ※事前相談を実施しないと、書類審査に時間がかかり、予定している日付での健康サポート薬局である旨の表示の掲示及び公表に間に合わない場合があります。
    ※事前にご相談頂いた書類の確認には時間がかかる場合があります。日程に余裕をもってご相談ください。    
   ↓
   ↓
 【必要書類の届出】 
    ※上記1~3の書類をさいたま市保健所に提出してください。
   ↓
   ↓ 
 【書類審査】
    ※書類を提出した時点では、まだ届出の受理とはなりません。(表示及び公表はできません。)
    ※記載内容の不備や不足書類等が無く、全ての書類が整った事を保健所が確認した段階で届出の受理となります。
    ※事前相談を実施していないと、不足書類の再提出や内容の修正に長期間を要する場合があります。    
   ↓   
   ↓    
 【審査終了】 
    ※保健所から、審査が終了し届出を受理した旨を電話等でご連絡します。
   ↓
   ↓  
 【薬局内・外への健康サポート薬局の表示の掲示】 
   ・薬局の外側における表示…基準告示五のイの内容(健康サポート薬局である旨等) 
   ・薬局の内側における表示…基準告示五のロの内容(実施している健康サポートの具体的内容等)
 
 ※健康サポート薬局の旨の掲示は、保健所から届出を受理した旨の連絡を受けた後、変更届書に記載した変更年月日(掲示の開始日)をもって行ってください。

 【健康サポート薬局の公表】
   ・健康サポート薬局である旨を「埼玉県医療・薬局機能情報登録システム」から報告する。

 ※健康サポート薬局である旨の公表は、保健所から届出を受理した旨の連絡を受けた後、変更届書に記載した変更年月日(掲示開始日)の後、速やかに行ってください

(3)届出の受付開始  平成28年10月3日 
 

【関連通知等】

★下記のダウンロードファイルの健康サポート薬局に係る通知等を参考にしてください。
★その他、健康サポート薬局等に係る情報の詳細については、下記の関連リンクの「厚生労働省HP(薬局・薬剤師に関する情報)」を参考にしてください。
 ※厚生労働省HPから次の順番でも検索できます
 ホーム>政策について>分野別の政策一覧>健康・医療>医薬品・医療機器>薬局・薬剤師に関する情報

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/環境薬事課 
電話番号:048-840-2227 ファックス:048-840-2232

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る