ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年2月13日 / ページ番号:C009367

医薬品等に係る注意喚起(健康被害の発生等の報告)ホスピタルダイエット、MDクリニックダイエット、電子タバコ

このページを印刷する

「ホスピタルダイエット」、「MDクリニックダイエット」に対する注意喚起について

「ホスピタルダイエット」、「MDクリニックダイエット」と称される製品は、ダイエットを目的とし、海外(タイ)の病院が処方する複数の医薬品から構成される製品群の総称です。
タイ製のやせ薬については、医薬品成分が検出され、死亡事例を含む重篤な健康被害が報告されています。
日本では、インターネット等の個人輸入代行サイトを経由し、主に個人輸入により入手されています。
健康被害が発生するおそれがありますので、このような製品を入手して服用しないでください。
また、服用により体調異常が現れた場合には、直ちに服用を中止し、医療機関を受診してください。

タイから輸入された「ホスピタルダイエット」と称される無承認無許可医薬品による健康被害(疑い)事例について(厚生労働省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例について(厚生労働省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

ニコチンを含有する電子タバコに対する注意喚起について

「ニコチンを含まない」と表示している電子タバコのうち、実際にはニコチンが含まれる製品が一部あると独立行政法人国民生活センターが平成22年8月18日に発表しました。
ニコチンは医薬品成分で、電子タバコに含まれると認識しないまま長期間繰り返し使用すると、吐き気や嘔吐、痙攣、頭痛、めまいなどの副作用や依存性が現れたり、妊婦などハイリスクの方に影響を及ぼす恐れがありますのでご注意ください。

ニコチンが含まれる電子タバコがあります。使用にはご注意ください!(厚生労働省ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/環境薬事課 薬事係
電話番号:048-840-2235 ファックス:048-840-2232

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る