ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年3月31日 / ページ番号:C052401

さいたま市立病院中期経営計画(平成29年度から平成32年度)について

このページを印刷する

策定の趣旨

本計画は、市立病院の目指すべき方向性を掲げるとともに、その実現に必要な施策を定めるものとして策定します。

【市立病院の目指すべき方向性】

・地域の基幹病院としての地域医療における中核的な役割

・健全な経営基盤の確立

位置付け

本計画は、「さいたま市立病院中期経営計画(平成24年度~平成28年度)」の後継プランとして策定するものです。

また、本計画は、総務省の「新公立病院改革ガイドライン」に基づき策定を求められている「新公立病院改革プラン」としても位置付け、市立病院の中期的な経営の方向性を示すものです。

対象期間

平成29年4月1日から平成33年3月31日までの4年間 (新公立病院改革ガイドラインで示されている計画期間)を本計画の対象期間とします。

ただし、計画期間中に病院を取り巻く環境の変動等があった場合には、必要に応じて本計画を見直します。

進行管理(点検・評価及び公表)

本計画の進行管理については、計画達成に向けて取組を着実に推進するため、Plan-Do-Check―ActionのPDCAサイクルによる進行管理を徹底します。

具体的には、病院幹部による定例会議等において、取組の進捗状況について情報共有を図り、定期的に点検・評価を行うことで、迅速かつ的確な進行管理に努めます。

また、各年度の達成状況について、外部有識者などで構成される「さいたま市立病院経営評価委員会」に報告し、第三者の立場から客観的な点検・評価を受けることとします。

評価結果は市長へ報告するとともに、ホームページ等で積極的に公表します。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/市立病院経営部/財務課 
電話番号:048-873-4265 ファックス:048-873-5451

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る