ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年1月5日 / ページ番号:C021903

さいたま市ヘルスプラン21(第2次)

このページを印刷する

健康寿命の延伸を目指して 地域と共に 一人ひとりが健康づくり

さいたま市ヘルスプラン21(第2次)とは

平均寿命が延びる一方で、ライフスタイルの多様化や高齢化の進展により、がん・心臓病・糖尿病などの生活習慣病が増加し、またその後遺症や合併症による要介護者も増加しています。

また、生活習慣病罹患者の増加や高齢化はさらに進展することが予測されています。

さいたま市ヘルスプラン21(第2次)は、生活習慣病などの発症や重症化を予防し、健康寿命を延ばすため、一人ひとりが健康づくりに取組み、民間団体、関係機関、事業者、行政などが互いに協力し、それぞれの役割を果たしながら個人を支援するとともに健康づくりに関する施策を総合的かつ計画的に推進するためのものです。

基本方針

生活の質の向上と、健康寿命のさらなる延伸を図るため、
健康寿命の延伸を目指して~地域と共に 一人ひとりが健康づくり~

を基本方針と定め、市民がそれぞれのライフステージ、ライフスタイルにあった健康づくりを、身近な環境の中で、気軽に楽しく実践・継続できる環境づくりを推進します。

重点目標

基本方針を踏まえ、分野別の取組みを総合的に推進するために、次の2つの目標を定めます。

目標1
目標2

分野別の目標

重点目標を達成するために取組む8つの分野に、それぞれ目標を設定し事業の展開を図ります。

  1. がんの予防
    がんの予防と早期発見の推進
  2. 循環器疾患・糖尿病の予防
    予防と早期発見・早期治療の推進
  3. 歯・口腔の健康
    生涯を通じた歯と口腔の健康の維持・向上
  4. 栄養・食生活
    1日3食バランスのとれた食生活の推進
  5. 身体活動・運動
    積極的な身体活動と運動習慣の形成
  6. 休養・こころの健康
    睡眠と休養の確保、ストレスの解消
  7. 喫煙
    受動喫煙の防止と禁煙
  8. 飲酒
    節度ある飲酒と未成年者の飲酒防止

計画の推進体制

健康づくりは、一人ひとりの取組みによるものですが、きっかけづくりや取組みの継続化などには家族や仲間と共に取組む、サークルや団体を利用する、施設や公園などを活用するなど生活を取り巻く環境が大きく影響すると考えられます。

本計画では、団体、関係機関や行政がさらに連携・協力し、市民一人ひとりの健康づくりを支援するとともに、地域のつながりの強化やソーシャルキャピタルの向上を目指します。

推進の図

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/健康増進課 保健係
電話番号:048-829-1294 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る