ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000511

予防接種

さいたま市では、麻しん風しんワクチン平成28年度第2期接種対象のお子さんが接種を完了できるよう、下記のとおり、公費での接種期間の延長を行います。

感染症の発生及びまん延を防ぐため、各種予防接種を実施しています。予防接種の必要性をよく理解し、お子さんの体調のよい時に受けましょう。

B型肝炎ワクチンが10月1日から定期予防接種となりました。対象者、接種方法についてお知らせします。対象となるお子さんには、個別通知しています。

平成25年6月14日付の厚生労働省勧告にもとづき、現在、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

定期予防接種の対象者となる方で、接種について検討される方は、子宮頸がん予防ワクチンの有効性とリスクをご理解いただくため、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆様へ」「子宮頸がん予防ワクチンを接種するお子様の保護者の方へ」を必ずお読みください。

麻しん・風しん定期予防接種のご案内麻しんウイルスは感染力が極めて強く、くしゃみやせき又は接触などにより簡単に感染します。

里帰り出産などのやむを得ない事情により、市外の医療機関で子どもが定期予防接種を受ける場合は、事前に各区保健センターで依頼書の交付を受けてください。万が一、健康被害が生じた際に、救済制度を利用できます。また、事前に手続きを行うことにより、接種費用の助成を受けることができる場合があります。

東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

本市として、下記のとおり対応することといたしました。

定期予防接種の対象者であった間に長期にわたり療養を必要とする疾病(補足最下段のダウンロードファイルをご覧ください。

平成19年に10代及び20代を中心とした年齢層で麻しんが大流行したことを受け、平成24年度までに麻しんを排除し、その後も排除状態を維持することを目標とした特定感染症予防指針が国より示されました。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る