ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年5月12日 / ページ番号:C012468

平成22年度地域ITリーダ養成講座開催実績

このページを印刷する

自治会などの地域コミュニティにおいて、「地域ITリーダ」として今後活動する意欲のある方を対象とした、地域ITリーダ養成講座を開催しました。

「地域ITリーダ」とは

 自治会などの地域コミュニティにおいて、ITを積極的に活用したり、コミュニティ内の他のメンバーにITに関するアドバイスをしたりなど、地域の情報化の推進役や相談役となる人材のことです。

地域ITリーダ実践講座

内容

  • 地域ITリーダスキルについて
    地域ITリーダの人材像、求められるスキル、役割
  • ワードによる資料作成(応用編)
    表の作成、写真や図の挿入、資料作成テーマ:イベントチラシ
  • インターネット、メール、ブログの活用法
    ウェブメールの活用、ブログの投稿
  • 情報セキュリティ など

実践講座 第1回

平成22年12月1日(水曜日)、2日(木曜日) プラザウエスト

受講者感想

  • 自分自身のスキルアップ、ボランティア活動に役立てたいです。
  • 声の大きさ、講師補助員としてのやり方、とても勉強になりました。
  • 町内でのコミュニティの場の中でブログ、インターネットの説明などをしていきたいです。
  • 自治会の案内状、チラシ作成に活かしていきたいです。
  • まずはどこかのサークルに講師補助員としてボランティア活動ができればと思います。
  • 講師の方々が親切で優しく、聞き易かった。教える事は難しいと改めて感じました。

講師コメント

 1日目は、「メール・ブログ」の講座でした。「メール」は外出先からでも、便利で簡単に使えるウェブメールで、時流の「ウェブメール」に切り替えたいとの感想もありました。「ブログ」は、疑似投稿による情報発信を体験し、とくに「地域ITリーダを目指す人」のブログの、積極的な活用がふえそうな勢いでした。今後の活用のために、ネット上で24時間365日、自宅のパソコンから簡単に行うことができる電子申請・届出サービスの実体験もしました。また、「安全ネットDVD」の映像による説明があり、「DVD」を無償提供されました。
 2日目は「ワード2007」の学習で、スキルの高い方も多く、実践編の高度なツールの使いこなしの講座でしたが、「自治会資料作成」の課題も難なくこなされ演習課題にも挑戦。率先して地域ITリーダとしてご活躍されることであろうと講師一同感じた次第です。また、できれば講師陣共ども、地域ITリーダとしても活動できる実際の場を一緒に作っていければと期待しております。
 最後に、さいたま市からITリーダとしての活躍を期待の言葉があり、「修了書」が授与され、満面笑顔と熱気につつまれた2日間の講座でした。

講座風景

風景1
風景2
風景3

実践講座 第2回

平成22年12月8日(火曜日)、9日(水曜日) プラザイースト

受講者感想

  • この講座を通じて、公民館などの講師補助などをしてみたいです。
  • IT格差をなくすために、ITについて習得したい初心者に自分のノウハウを教えたいです。
  • パソコン操作に苦労されている初心者の方に少しでも楽しく出来る様、お手伝い出来ればと思っています。
  • ボランティアでサブ講師になれるように今後も頑張りたいと思います。
  • 1人でも多くITリーダが育成されればと思います。
  • 今更ながら聞くことが出来ないことについて基礎を学べて良かったです。

講師コメント

 一日目のメールやブログなどは、いままで勉強の機会がなかったが、「今回はじめてウェブメールやブログも体験できて、おもしろくてはまりそう。これからパソコン全般に頑張っていきたい」との声が寄せられました。
 二日目は、「ワードには自信があったが、こんなやり方があるんだなぁ」と、知らなかったワード機能もいろいろ覚えることができ、大変興味もふくらみ楽しかったとの感想もありました。またワードの習得は、7つあるタブの中でも「ホーム」「挿入」「ページレイアウト」の三つをしっかり身につけることが一番の近道だということもわかり自信が持てるようになった、次回も出たい、もっと講座を開いてほしいと意欲的な声もありました。
 最後に、セキュリティの「安心DVD」と「修了証」を手にされた時は、喜びと安堵感いっぱいの笑顔でした。
 今後も皆さんとコミュニケーションをはかり、地域に活動機会があれば参加して役立ちたいとの感想の方もあり、講師陣としてもこれからご一緒に地域にITを広げていきたいと感じた次第です。

講座風景

風景4
風景5
風景6

OAツールポイント講座 座学形式

内容

  • 講師の心構え
    講師とは何か、講師として受講生に説明する際の注意点、講師・講師補助員の役割
  • OAツールの活用
    ワード2007・エクセル2007の便利な機能とその説明のポイント(どのように説明したら受講生が理解しやすいか、受講生がよくつまずく点はどんなところか) など

OAツールポイント講座 第1回

平成23年1月13日(木曜日) 浦和コミュニティセンター

受講者感想

  • 今回習った便利機能を可能な限り活用していきたいです。
  • パソコン教室で時には教える側に立つので、講師の現実性におびた説明に感心しました。
  • 教え方のノウハウが参考になりました。
  • 受講生に分かりやすく説明できる工夫が随所にあったので参考になりました。
  • 自分で使用する必要な部分のみを考えていたが、他者に教える観点から考えてみたいです。
  • 教える立場での話を伺い大変参考になりました。

講師コメント

 受講者の8割くらいは、すでに色々な場所で講師として活躍されている方でした。講師としての立場で、印象の良い講師のあり方を話し合っていただきました。講師の方は講座を進める上で、日々どのようにしたらよい講座になるか考えながら進めています。
 私の改善点としては、時間配分の関係で後半の説明が十分ではありませんでした。これから講師になられる方は、講座の時間と伝える内容さらに受講者レベルを総合的に判断して、時間通りに講義出来るように研究してください。

講座風景

風景7
風景8
風景9

OAツールポイント講座 第2回

平成23年1月18日(火曜日) 生涯学習総合センター

受講者感想

  • 講師補助員のため、どのように生徒の補助をすればよいか参考になりました。
  • 自治会メンバーの人達が使えるようにしていきたいです。
  • 初めてパソコンに取り組む人の意欲がわくよう、各項の内容を活かしていきたいです。
  • 何をとりあげて何を教えるか、伝えるかが分り易かったです。
  • まだまだ余裕が無い状況ですが、学習して自信を持って人にも教えられるようになりたいと思います。

講師コメント

 受講者の6割くらいが、講師未経験者でした。パソコンの操作説明をするとき、トラブルを起こさせないための進め方を中心に具体的にお伝えしました。私は1回目のご指摘を改善して、操作説明を極力省き時間通りに講座を終わることができました。
 これから講師になられる方は、同じ講座でも前回よりもスキルアップした講座が出来るように心がけてください。
 OAツールポイント講座を終わって、講師の立場として勉強させていただきました。初めての内容の講座では、練習はしていても実際の場面になると教室の環境、受講者のレベル、受講者の目標など様々な条件があります。その中で、受講者の満足度を100%にするための努力はする必要があります。私としても1回目の改善点を2回目にはクリアできるように努めました。まだまだ十分ではありませんが、日々スキルアップする気持ちを持って、さいたま市地域ITリーダのみなさんを応援していきます。

講座風景

風景10
風景11
風景12

よくあるパソコントラブル解決講座 座学形式

内容

日常の中で起きるさまざまなよくあるパソコンに関するトラブルについて、地域の初心者にもわかりやすく対応できる力を身につけるとともに、解決策を考えられるよう知識を習得する。

  • トラブル解決方法のポイント
  • トラブルの種類・原因
  • 具体的なトラブル事例とその解決策 など

よくあるパソコントラブル解決講座 第1回

平成23年1月13日(木曜日) 浦和コミュニティセンター

受講者感想

  • 自分で体験できなかったトラブルを確認できました。
  • 公民館IT講座等で質問を受けた場合に対処できそうです。
  • 皆さん同じようなトラブルで苦労しているのだと思いました。
  • 簡単なトラブルに動じず、解決方法を見つけ出そうと思います。
  • バッテリーの機能やドライブの区切り方が参考になりました。

講師コメント

 受講者はテクニカルスキル的には地域ITリーダとして、すでに活動されているか、すぐにでも活動可能なレベルの方々という印象でした。
 今回の「トラブル解決講座」という点から考えると、「トラブル」というのは対処法を類型化できるものもあるが、一般的には経験によりスキルを身につける要素が大きいように思われます。そのような観点から、今回の講座はテキストの内容を忠実に紹介するのがよいと考え、それにかなりの時間を費やしてしまいました。
 「トラブル解決」は、本来、実機をベースとして当事者との個別対応が主体と考えます。そして手法は個性的な部分もあってよいと思います。受講者の方々が経験、情報収集など自助努力によるスキルアップに基づき活躍されることを期待します。

講座風景

風景13
風景14
風景15

よくあるパソコントラブル解決講座 第2回

平成23年1月18日(火曜日) 生涯学習総合センター

受講者感想

  • 現在行っているパソコン相談会の相談員として参考になりました。
  • いろいろなトラブル、ウイルスメール等、日常操作にも細心の注意が必要だと良くわかりました。
  • 地域コミュニティでのインターネット導入及びサポートの実現に活用できると考えます。
  • 自治会でパソコンを活用する上での要員育成及び推進に役立つと思います。
  • パソコンサポートの場で活用できそうです。

講師コメント

 受講者はテクニカルスキル的には地域ITリーダとして、すでに活動されているか、すぐにでも可能なレベルの方々という印象でした。
 今回は時間配分を改善、グループディスカッションの時間を長めに確保できました。実際にグループディスカッションで、受講者の方々が活発に話し合っているのを拝見し、よかったと思います。
 「トラブル解決」は、本来、実機をベースとして当事者との個別対応が主体と考えます。そして手法は個性的な部分もあってよいと思います。受講者の方々が経験、情報収集など自助努力によるスキルアップに基づき活躍されることを期待します。

講座風景

風景16
風景17
風景18

研修テキスト作成講座

内容

IT講習会を実施するためのテキスト作成に必要な基礎知識や受講生がつまずきやすい操作のポイントの習得、及びテキスト作成の演習などを行う。

  • 研修テキスト作成の流れ
  • 書き方のルール
  • 操作画面のキャプチャ方法
  • 奥付、目次の作成
  • 文章の校正
  • テキスト作成演習(課題作成、発表、グループディスカッション) など

研修テキスト作成講座 第1回

平成23年2月2日(水曜日)、3日(木曜日) プラザウエスト

受講者感想

  • 画面をキャプチャーして効果的な資料作成ができそうです。
  • 今回の講座をもとにテキストを作成してみようと思いました。
  • 自治会配布資料を定型化し、見やすくしたいです。
  • 自分の経験を活かして、ITを活用できる方が増えればいいと考えています。
  • 自治会・商店会等の活動に活かせると思います。
  • 試験対策で使っただけの機能が、テキストを作る際にどう使えば便利なのかがわかり、とてもためになりました。

講師コメント

 第1日目は、研修テキスト作成の基本的な流れを理解し、立案、計画、書き方のルールに基づき、研修テキストを作成しました。研修テキストの作成ポイントは操作手順に漏れがなく、正確に、わかりやすくなければなりません。わかりやすくするには表記の統一、簡潔な文章表現、図表化が重要となります。具体的にレイアウトの作成、操作手順と画面ショット、タイトル、見出しなどデザインしていただき、原稿の作成ではスタイルの登録と適用を活用して見出しなどアウトラインのレベル分けをして標記の統一をしました。その重要性が理解されたと思います。
 第2日目は、前日に作成した研修テキストに、表紙、奥付、目次などを追加し、研修テキストを整えました。午後から受講者の皆さんに課題に取り組んでいただき、勉強の成果を発揮していただきました。受講者の中から6名の方に作成した課題を発表していただき、皆さんと活発な質疑応答しました。発表された方の研修テキストは大変素晴らしいものが多く、大盛況でした。これを機会に各地域でのパソコン講座のテキスト作成に積極的に取り組まれることを期待しています。

講座風景

風景19
風景20
風景21

研修テキスト作成講座 第2回

平成23年2月8日(火曜日)、9日(水曜日) プラザイースト

受講者感想

  • 資料を作る際とても参考にできる内容でした。
  • もっとスキルアップしてリーダとなるために努力していこうと考えています。
  • テキストはエクセルで作成していましたが、今回の講義でワードの方がキレイにできるかなと思います。チャレンジしたいと思います。
  • 画像キャプチャが有効活用出来ると感じました。
  • 教える立場に至ったら、非常に役に立つと思います。

講師コメント

 第1日目は、研修テキストの作成ポイントを中心に、操作手順に漏れがなく、正確に、わかりやすいテキストの作成を勉強しました。わかりやすくするための1つの手段として画面キャプチャ(プリントスクリーン機能)して操作手順に活用しました。その他の画面キャプチャソフトとしてSnipping Toolソフトを紹介しましたが、各画面キャプチャソフトには長所・短所があり、使いわけをしていただきたい。
 第2日目は、主に課題作成に取り組み、7人の方に作成した課題を発表していただきました。特に画面キャプチャした画面ショットレイアウトでは、テキストを使用するお客様を意識して大変良く工夫され、受講者のアイデアが表現されていたのには感心しました。発表された課題作成では参加者から参考資料として提供してほしいとの声があり、発表者のご了解を得て大喜びで持ち帰られました。私も皆様と同様に大変、嬉しく思い、発表された方に感謝申し上げます。これを機会に実戦での活用と皆様の活躍を大いに期待しています。

講座風景

風景22
風景23
風景24 

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/ICT政策課 
電話番号:048-829-1893 ファックス:048-829-1969

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る