ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月16日 / ページ番号:C000037

非常用物資の備蓄

このページを印刷する

防災・気象情報(新しいウィンドウで開きます)

家庭の備え(自助)

 地震災害が起きた場合、外部からの支援は発災の3日後からといわれています。
 市民の皆様には、各ご家庭において、最低3日分(推奨7日分)の非常用物資の備蓄をお願いいたします。
 また、避難する際には最低1日分の非常用物資をお持ちくださいますようお願いいたします。

非常用持ち出し品及び家庭での備蓄品についてはこちら

地域の備え(共助)

 自分たちのまちは自分たちで守るため、地域住民が連携し、協力しあって自主防災組織を結成し、日頃から万が一の場合に備えた資機材の共同購入や、訓練の積み重ねが重要です。
 市では自主防災組織を対象に、資機材購入に係る費用の一部を補助しています。

自主防災組織についてはこちら

市の備え(公助)

 市では、避難想定者約12万6千人の1日分を対象とした備蓄品を順次整備しています。
 備蓄品は各避難所の防災倉庫に保管し、入りきらない物は市内10箇所の拠点備蓄倉庫に保管しています。
 避難所についてはこちら

 また、民間業者や他自治体と物品等についての応援協定を結んでいます。

 賞味期限があるアルファ米については、期限が切れる前に、市内の自治会・自主防災組織が実施する防災訓練の際に提供しています。必要な場合には、各区総務課又は危機管理部防災課までご相談ください。なお、在庫切れの場合がございますことをご了承ください。

市の主な備蓄品

 目標未達成の備蓄品については、現在、計画的に購入を進めております。

内容
項目 平成27年度末 備蓄目標数
食糧 アルファ米(五目) 390,000 362,000
アルファ米(おかゆ) 85,000 112,000
ビスケット 125,000 180,000
食糧合計 600,000 654,000
粉ミルク 470 470
生活必需品 毛布 140,000 122,510
生理用品 122,000 106,000
紙おむつ(大人用) 30,000 13,000
紙おむつ(乳幼児用) 69,000 38,000
哺乳瓶 2,230 1,050
トイレ 組立式仮設トイレ 700 600
非常用排便袋 185,000 538,000
資機材 発電機 328 268
ガソリン缶(1リットル) 1,940 1,900
投光器セット 620 530

避難所の備蓄品

 備蓄品及び数量については防災倉庫の大きさなどによって一部異なります。

内容
項目 避難所 要配慮者優先避難所 備考
食糧 アルファ米(五目) 1,300 100
アルファ米(おかゆ)

300

150
ビスケット 600 60
粉ミルク 1
粉ミルク(アレルギー対応) 1 1
生活必需品 毛布 300 10
生理用品 200 133
紙おむつ(大人用) 150 26
紙おむつ(乳幼児用) 200
哺乳瓶 10 2
トイレットペーパー 100
資機材 トランジスタメガホン 1
発電機 1 1
投光器セット 2 2
ガソリン缶 8 4
折畳式リヤカー 1
飲料水運搬袋 500
カセットコンロ 3 2
コンロ用燃料 36 18
車椅子 1
やかん 3
ラジオ 1 1
ライト 5 5
ブルーシート 10
トイレ 組立式仮設トイレ 3
非常用排便袋 1,000 200
医薬品 救急箱(救護所用) 1 救護所指定場所のみ
救急箱(多人数用) 1
救急箱(家庭用) 1 2
開設セット 様式集 1 1
文房具 1 1
災害用PHS 2 1 避難所の1台は職員室等に配置
外国語キット 1 1

防災倉庫の例

防災倉庫

非常用物資の例

非常用物資

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 防災対策係
電話番号:048-829-1127 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る