ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000164

避難場所

防災・気象情報家庭の備え(自助)地震災害が起きた場合、外部からの支援は発災の3日後からといわれています。市民の皆様には、各ご家庭において、最低3日分(推奨7日分)の備蓄をお願いいたします。

さいたま市では、総務省の取り組む「全国避難者情報システム」に基づき、東日本大震災等に伴い避難されている方からの所在地等の情報提供を受け付けます。

避難所で対応できない相談や親類縁者を頼ってさいたま市に滞在している避難者の相談について、各区役所に相談窓口を設置しております。お近くの区役所へご相談ください。

避難場所運営委員会とは自助、共助、公助の役割分担と連携による災害に強いまちづくりを目指し、災害時の避難生活に備え、市民と行政が一体となった防災体制の構築を図ることが目的です。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る