ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年4月1日 / ページ番号:C013328

市有建築物保全事業

このページを印刷する

市有建築物保全計画

市有建築物は、築後30年以上経過したものが半数以上あり、これらを長く使用するため、定期的に安全上や機能上の点検を実施し適切な維持管理を行い、計画的な保全を進めています。

ダウンロード

市有建築物耐震化実施計画

市有建築物は、利用者の安全性の確保だけでなく、災害時の拠点施設としての機能を確保するため、耐震性の確保が求められています。
さいたま市では「建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年10月27日法律第123号)」を受け、建築物の地震に対する安全性の確保と向上を図ることとし、昭和56年5月31日以前に建築された、避難所、防災上重要な建築物、多数の市民が利用する建築物等について、耐震性が不足するものの耐震化を進めています。

ダウンロード

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/保全管理課 
電話番号:048-829-1509 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る