ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月15日 / ページ番号:C005550

風致地区内の建築許可申請の手引き

このページを印刷する

風致地区の範囲

風致地区お問い合わせ先

風致地区とは

 風致地区は、都市計画法に定める地域地区の一つで、都市における良好な自然的景観を保全し、緑豊かなまちづくりを目的としたもので、この地区内では市民の皆さんのご協力により良好な環境が維持されているものです。
 風致地区内で造成や建築などを行うときには、「さいたま市風致地区内における建築等の規制に関する条例」(平成14年さいたま市条例第111号)に基づく行為の許可が必要となり、さまざまな制限を受けます。

風致地区の範囲について

さいたま市における風致地区は大宮公園周辺及び見沼田圃地域の一部の約284ヘクタールが都市計画により定められています。
(注意)風致地区の詳細な区域は北部都市・公園管理事務所管理課にて確認してください。(電話:048-646-3178)

許可の必要な行為について

許可申請の流れ

 風致地区内で次の行為を行うときには、あらかじめ市長の許可が必要となります。

  1. 建築物その他の工作物の新築、改築、増築又は移転
  2. 宅地の造成、土地の開墾その他の土地の形質の変更
  3. 木竹の伐採
    枝打ち、間伐等で許可が不要な場合もありますので、ご相談ください。
  4. 土石の類の採取
  5. 水面の埋立て又は干拓
  6. 建築物等の意匠の変更
  7. 屋外における土石、廃棄物又は再生資源のたい積

建築物の新築に対する主な規制について

  1. 建築物の高さ
    12メートル以下(第1種低層住居専用地域にあっては10メートル以下)にしてください。
  2. 建ぺい率(建築面積の敷地面積に対する割合)
    40%以下(10分の4以下)にしてください。
    (補足)2方向道路の場合、緩和措置がありますので相談してください。
  3. 建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地の境界までの距離
    道路境界から有効距離を2メートル以上、その他(敷地境界等)からの有効距離を1メートル以上確保してください。
    (補足)面積算入されないバルコニー、出窓は付け根の外壁からの距離です。
    (補足)三角形等の不整形地などで許可基準への適合が困難な場合、緩和措置がありますので相談してください。
    (注意)有効距離の測定は外壁の表面からです。柱の芯からではありません。 
  4. 建築物、その他の工作物の形態及び意匠
    当該土地及び周辺の土地の区域における風致と著しく不調和でないこと。外壁、屋根の色は、原色系の派手な色(赤・青・黄など)を避けてください。

 (補足)計画にあたり、ご不明な点がございましたら北部都市・公園管理事務所管理課にご相談ください。(電話:048-646-3178)

風致の維持に必要な植栽について

 風致地区の緑豊かな住環境を維持するためには、市民の皆さんのご協力による緑の保全が必要となります。そのためには建築計画に係る樹木の伐採は必要最小限の範囲にとどめていただくとともに、適切な植栽による地域緑化にご協力をお願いいたします。
 風致地区内において必要とされる植栽の基準については、次のとおりとなります。

1 緑地の割合は、敷地面積の10%以上を確保してください。

 緑地とは樹木の樹冠等により被覆された土地の面積とし、芝などの地被植物に覆われた部分も含むことができますが、プランター等は含まれません。
 樹木と樹木又は地被植物が重なる部分を重複して計上はできません。また、敷地内にある樹木であっても、隣地又は道路等にはみ出た部分の緑地面積は計上できません。

2 敷地内に高木と低木を一定の割合以上配置してください。

 既存樹木も本数に含めることができますので、なるべく残すようご検討ください。
 高木(3メートル以上の樹木) 敷地面積の30平方メートル当たり1本以上
 低木(3メートル未満の樹木) 敷地面積の30平方メートル当たり3本以上
 (補足)低木3本を高木1本に代替することは可ですが、逆は不可です。

 竹林を含む敷地については取扱いが異なりますので、事前にご相談ください。
 なお、樹種については、風致地区の目的からも、なるべく赤松林や武蔵野の雑木林のイメージに合うものとしてください。また、ビャクシン、ハイビャクシン、シンパク、カイズカイブキ、タマイブキなどは、ナシ赤星病の中間寄主となるため避けてください。

 (補足)植栽計画図・計算式につきましては、北部都市・公園管理事務所管理課に直接ご相談ください。(電話:048-646-3178)

許可申請を行うときは

  1. 手続の流れ
  2. 必要書類(書類のサイズは図面類を除き、A4判としてください。)
    1. 風致地区内行為許可申請書
    2. 建築物計画書
    3. 樹木計画表
    4. 委任状(代理人による申請の場合必要となります。)
      (補足)これらの様式はこのホームページからダウンロードできます。
    5. 添付図面

図面の種類 縮尺 記載事項
付近見取図 方位、行為地、道路その他の公共施設及び目標となる建物等を明示してください。
配置図
敷地求積図
樹木計画図 600分の1以上 方位、道路の位置及び幅員、敷地の境界線、敷地内の建物等の位置、外壁の後退距離(必ず有効寸法を明記してください。)、敷地面積計算式を記入してください。
木竹等の位置、樹種及び大きさ、緑地面積の計算式
各階平面図 200分の1以上 面積計算式を記入してください。(建築面積・延床面積)
着色した立面図 200分の1以上 仕上方法、広告物、塔屋等
(必ず色鉛筆等で着色してください。)
断面図 200分の1以上 最高高さ及び各階の高さ風致地区お問い合わせ先

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

都市局/都市計画部/みどり推進課 緑地保全係
電話番号:048-829-1414 ファックス:048-829-1979

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る