ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年5月24日 / ページ番号:C001875

私の家の南側に建物が建つので日照が奪われる可能性があります。どうにか出来ないのでしょうか。

このページを印刷する

回答.隣地の日照を確保するために、建築基準法では建ぺい率・容積率・斜線制限・日影規制などによって、建築物の高さなどを制限しています。しかし、その制限によっても、建物によって著しく不利益を蒙るような場合には、建築主に対し、工事の差止めや損害賠償請求をすることもできますが、近隣の紛争については、民事上の問題となります。問題解決のためには、市の法律相談や弁護士等に相談されてはいかがでしょうか。また、建築物の高さによっては、「さいたま市中高層建築物の建築及び大規模開発行為等に係る紛争の防止及び調整に関する条例」の適用を受け、あっせんや調停の制度を活用することもできます。

お問い合わせ

  • 西区・北区・大宮区・見沼区・岩槻区
    建設局 北部建設事務所 建築指導課
    電話番号 048-646-3235
    ファックス 048-646-3268
  • 中央区・桜区・浦和区・南区・緑区
    建設局 南部建設事務所 建築指導課
    電話番号 048-840-6237
    ファックス 048-840-6265
  • 建設局 建築部 建築総務課
    電話番号 048-829-1538
    ファックス 048-829-1982

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築総務課 
電話番号:048-829-1538 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る