ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年7月19日 / ページ番号:C053517

省エネ・節電!夏のライフスタイルキャンペーンを実施しています

このページを印刷する

夏のライフスタイルキャンペーンとは

 夏は冷房等の使用でエネルギー消費量が増え、地球温暖化の原因となる温室ポスター効果ガス排出量が
増加します。
 さいたま市では、夏の省エネ・節電を推進するため、九都県市による「ライフスタイルの実践・行動キャンペーン」と連携し、「つづけよう ひろげよう省エネ・節電~みんなの選択が未来を
変える~」をキャッチフレーズに「夏のライフスタイルキャンペーン」を実施しています。
 市役所では「4つのアクション」に職員全員参加で取り組みます。
 家庭や職場でも、エネルギーを大切に使うライフスタイル・ビジネススタイルに御協力を
お願いいたします。

 

実施期間

平成29年5月1日から平成29年10月31日

家庭や職場での取組

冷房の適温設定
 冷房は控えめにし、室温設定は28度をこころがけましょう。
 ※無理のない範囲で行い、室内での熱中症には充分お気を付けください。

クールシェア
 家族や地域の人がひとつの部屋、場所に集まって、冷房や照明を共有し、エネルギーを節約しましょう。

不要な照明の消灯など年間を通じた取組
 日常生活や業務の中でできることを考え、年間を通じて無理のない範囲で取り組みましょう。

省エネ・節電

市役所の取組

4つのアクション

1「室温設定28設定」
 市有施設は室温設定28度とします。
 ただし、市民利用施設は「クールシェアスポット」としてもご利用いただけるよう、猛暑日など状況に合わせ柔軟に対応します。

2「環境推進責任者によるメリハリ節電の徹底」
 「環境推進責任者(所属長)」のもと、職員全員参加で、執務室内の節電を徹底します。

3「ノー残業デー+WLB推進デーの取組
 ノー残業デーの徹底及びWLB推進デーの取組により定時退庁を行うほか、その他の勤務日でも、可能な限り職場単位で一斉退庁に取り組みます。
 なお、退庁時は、執務室内の消灯を徹底します。

4「クールビズ」
 「クールビズ(ノー上着・ノーネクタイ)」を可とし、冷房に頼りすぎないライフスタイルを市職員が率先して推進します。
職員全員参加で取り組みます

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 温暖化対策係
電話番号:048-829-1324 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る