ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月2日 / ページ番号:C005699

地盤沈下対策

このページを印刷する

地盤沈下は、地下水の過剰な汲み上げによって引き起こされるもので、年間20ミリメートル以上の沈下を目安としています。平成23年度は東日本大震災の影響によると思われる地殻変動を含んだ形での地盤沈下量となっています。
近年の傾向としては、地下水の採取規制や上水道の水源を地下水から河川表流水への転換を推進したこと、工業用水の使用合理化等が進んだことから、本市を含む埼玉県中央地域の地盤沈下はおおむね沈静化しています。
地下水の採取規制は、工業用水法や建築物用地下水の採取の規制に関する法律、さいたま市生活環境の保全に関する条例に基づいて行われています。平成27年度は80か所の水準基標で精密水準測量を実施し、3か所の観測所で地盤沈下・地下水位の監視を行いました。水準測量の結果、平成27年度の最大沈下量は1.9ミリメートルでした。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 水質土壌係
電話番号:048-829-1331 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る