ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年11月24日 / ページ番号:C050964

冬季大気汚染対策

このページを印刷する

概要

さいたまの大気環境は、市民・事業者の取組により改善が進んでいますが、冬季は大気がよどみやすく、窒素酸化物(NOx)等の大気汚染物質が高濃度になるおそれがあります。窒素酸化物はPM2.5の原因物質でもあり、PM2.5を削減するためにも、冬季における大気汚染物質対策は重要です。

冬季における大気汚染の状況

冬季は交通量の増加や事業所での暖房機器(ボイラー)の使用、気象条件等の影響によりPM2.5の原因物質である窒素酸化物の濃度が高くなる傾向があります。                                   

窒素酸化物濃度の月別平均値 
 

冬季における取組のお願い

【市民の皆様へ】
1 自動車の利用方法を見直し、公共交通機関等を活用しましょう。

2 次世代自動車の普及を推進しています。

3 運転するときにはエコドライブを心掛けましょう。

【市内事業者の皆様へ】
1 暖房用ボイラー等のばい煙発生施設の燃料には、窒素酸化物の排出量がより少ない良質燃料を使用しましょう。

2 ボイラー等の暖房設備の維持管理をこまめに行い、適正な燃焼状態を保ちましょう。

広域的な取組の推進について

冬季の大気環境の更なる改善に向けて、さいたま市は、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・相模原市と、窒素酸化物をはじめとする大気汚染物質の削減に取り組みます。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 大気交通係
電話番号:048-829-1330 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る