ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月9日 / ページ番号:C000125

環境大気監視調査について(二酸化窒素調査)

このページを印刷する

 大気汚染防止法第22条の規定により、市内15地点(一般測定局9局、自排測定局6局)において大気汚染常時監視測定を行っておりますが、測定局の空隙地点の補完及び自排ガス調査のバックグラウンドデータの収集を目的として、簡易測定による二酸化窒素の測定を実施しています。

環境大気監視調査測定地点図

用語説明

窒素酸化物(NOx)

  • 種々の物質の燃焼過程で必然的に発生します。
  • 工場、事業所、自動車、家庭など発生源が広範で排出量も多い。
  • 近年では、光化学スモッグの要因のひとつと考えられています。

フィルターバッチ(FB)法

 FB法はセルロース繊維ろ紙に吸収液を含浸させたものです。FBは製品となっており、取り扱いが容易なため、バラツキや再現性に優れるとの報告があります。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 大気交通係
電話番号:048-829-1330 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る