ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月8日 / ページ番号:C010914

さいたま市の環境教育拠点施設について

このページを印刷する

中核施設とサテライト施設で形成する「ネットワーク型環境教育拠点施設@さいたまCITY」を構築します

さいたま市は、環境教育推進のための拠点施設のあり方(考え方・方向性)について、次のとおり整理しました。

考え方

  • 既存の環境施設を中核施設又はサテライト(注釈1)施設と位置づけ、ネットワーク(注釈2)構築による拠点施設とします。
  • 市内の、どの施設で、どんなことが学べるかという情報を一元化し広く周知します。

(注釈1)サテライト:satellite(衛星)、本体から離れて存在するもの
(注釈2)ネットワーク:網の目のように作った組織、系列、つながり

基本方針

「ネットワーク型環境教育拠点施設@さいたまCITY」の構築にあたり留意することは次のとおりです。

第1段階

  • 既存の環境施設を活用し、環境教育拠点の整備を行います。
  • 既存の環境施設が持つ環境教育資源を有効活用し、環境局職員の知恵と工夫と協力で取り組みます。
  • わかりやすい情報提供を行い、多くの人が環境への関心を持つ機会を提供する場とします。

第2段階

市内の事業者や大学、学校、公民館、区役所等とも連携し、それぞれが持つ環境教育資源も活用し拠点施設の範囲を広げ、機能と内容を深化させていきます。

ネットワーク型環境教育拠点施設 イメージ

環境教育拠点施設イメージ 

どの環境施設で、どんなことが学べるかについては、関連情報をご覧ください。

関連情報

このような考え方・方向性により、中核施設とサテライト施設で形成する「ネットワーク型環境教育拠点施設@さいたまCITY」づくりを進めて参ります。

構築により
おじぎヌウのイラスト

「さいたま市環境教育基本方針 みんなで取り組む環境教育 ALL SAITAMA CITY」に掲げる市民、事業者、学校、市など、すべての主体による「いつでも、どこでも、だれでも、環境教育」の実現を目指します。

さいたま市に暮す方々、さいたま市に通勤・通学する方々の全員参加による充実した拠点施設づくりにご協力をお願いいたします。

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 環境政策係
電話番号:048-829-1325 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る