ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年7月10日 / ページ番号:C042130

(平成26年一部改正)さいたま市生活環境の保全に関する条例・条例施行規則(石綿規制)

このページを印刷する

 さいたま市生活環境の保全に関する条例の一部を改正する条例(平成26年さいたま市条例第74号)を平成26年10月22日に、さいたま市生活環境の保全に関する条例施行規則の一部を改正する規則(平成26年さいたま市規則第167号)を平成26年10月24日に公布し、平成26年11月1日に施行しました。

改正の理由

  平成26年6月1日に改正大気汚染防止法が施行され、石綿の飛散防止対策の更なる強化のため、事前調査の徹底と発注者責任の明確化が図られ、法に基づく届出者が施工者(元請)から発注者に変わり、事前調査とその結果について、説明責任などの義務規定が設けられました。
 このことにより、条例と法との整合を図る必要が生じたため、所要の改正を行ったものです。

条例の改正内容

(1) 解体等工事の事前調査結果の説明(第61条関係)
  受注者に発注者へ事前調査結果を書面で説明する義務を課しました。

(2) 届出義務者の変更(第66条及び第67条関係)
  石綿濃度の測定計画及び石綿排出等作業完了報告書の届出義務者を発注者又は自主施工者へ変更しました。

(3) 石綿測定計画等の説明(第66条及び第67条関係)
  受注者は発注者に対し、石綿濃度の測定計画及び石綿作業完了に係る届出事項を説明することとしました。

(4) 勧告の対象者の変更(第68条関係)
  届出義務者が発注者又は自主施工者に変更されることに伴い、発注者又は自主施工者を勧告の対象者としました。

規則の改正内容

 (1) 事前調査結果の説明事項及び説明時期(規則第45条の2、第45条の3関係)
  受注者が発注者に対し説明する事前調査結果の説明内容を規定しました。

(2)石綿濃度の測定計画と石綿排出等作業完了報告書の説明事項・説明時期
  (第50条の2関係)…石綿濃度の測定計画
  (第51条の2関係)…石綿排出等作業完了報告書
  受注者が発注者に対し、石綿濃度の測定計画・石綿排出等作業完了報告の提出に必要となる説明事項を規定するとともに、測定計画は石綿排出等作業の14日前まで、完了報告は石綿排出等作業が完了した日から30日以内に説明することとしました。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 
電話番号:048-829-1332 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る