ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C020170

(平成24年一部改正)さいたま市生活環境の保全に関する条例施行規則

このページを印刷する

さいたま市生活環境の保全に関する条例施行規則の一部を改正する規則(平成24年さいたま市規則第89号)を平成24年7月4日に公布し、同日に施行しました。

改正の理由

平成24年5月23日に、水質汚濁防止法施行令の一部を改正する政令等が公布され、平成24年5月25日に施行されました。この改正により、新たにトランス-1,2-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー及び1,4-ジオキサンの3物質が有害物質に追加され、地下水の浄化基準が定められるとともに、1,4-ジオキサンについては、排水基準も定められました。(政令等の改正内容の詳細については下記リンク先を参照してください。)
このことに伴い、「さいたま市生活環境の保全に関する条例施行規則」の規定について、政令等の改正の内容に則し、改正を行いました。

規則の改正内容

(1)汚水等に係る人の健康に係る被害を生ずるおそれがある物質の追加(第18条関係)

条例第36条第5号アで定義するカドミウムその他人の健康に係る被害を生ずるおそれがある物質として、トランス-1,2-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー及び1,4-ジオキサンを追加しました。

(2)特定有害物質の追加(第61条関係)

地下水の汚染に係る特定有害物質にトランス-1,2-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー及び1,4-ジオキサンを追加しました。

(3)汚水等に係る有害物質による排出水の汚染状態に係る規制基準の項目の追加(別表第6関係)

汚水等に係る有害物質による排出水の汚染状態に係る規制基準に1,4-ジオキサンを追加し、許容限度を定めました。

(4)地下水の汚染に係る基準の項目の追加(別表第20関係)

特定有害物質による地下水の汚染に係る基準にトランス-1,2-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー及び1,4-ジオキサンを追加し、許容限度を定めました。

(5)その他規定の整備(第22条、別表第6、別表第7及び様式第8号関係)

条項等の一部を調整、修正を行いました。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 
電話番号:048-829-1332 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る