ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年12月25日 / ページ番号:C001923

建築基準法に基づくシックハウス対策

このページを印刷する

 新築、増・改築後の住宅に入居し、「目がチカチカしたり、頭痛、めまい、喉の痛み、鼻炎等」、様々な健康障害、体調不良を引き起こす「シックハウス症候群」。主に建築材料や持込み家具から発散されるホルムアルデヒド等(刺激性のある気体)の化学物質による住居内の空気汚染が原因として考えられています。

規制の対象となる建築物

 住宅や学校等の特定の用途に限らず、継続的に使用し、居住や執務等の作業を行なう建築物の全ての居室に対して適用となります。

建築基準法に基づくシックハウス対策の概要

  1. クロルピリホスの使用禁止(しろあり駆除剤)
  2. ホルムアルデヒドを発散する建築材料の使用制限、換気設備の義務付け
    1. ホルムアルデヒドを発散する内装仕上げの制限
    2. 機械換気設備設置等の義務付け
    3. 天井裏等の制限

(補足)以下のリンク先で、シックハウスについて分かりやすく解説しています。

国土交通省ホームページ「建築基準法に基づくシックハウス対策について」(新しいウィンドウで開きます)
埼玉県ホームページ「シックハウス症候群」(新しいウィンドウで開きます)

お問い合わせ

西区、北区、大宮区、見沼区、岩槻区
建設局 北部建設事務所 建築審査課
電話番号 048-646-3242
ファックス 048-646-3268
E-Mail 担当課へメールを送信する:(SSL対応)

中央区、桜区、浦和区、南区、緑区
建設局 南部建設事務所 建築審査課
電話番号 048-840-6242
ファックス 048-840-6267
E-Mail 担当課へメールを送信する:(SSL対応)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築行政課 
電話番号:048-829-1533 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る