ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月10日 / ページ番号:C001256

さいたま市白地地域建築形態規制の用語解説

このページを印刷する

用語の解説

建ぺい率

建ぺい率の説明の図

建築物の建築面積の敷地面積に対する割合のことをいいます。

容積率

容積率の説明の図

建築物の各階の床面積の合計(延べ面積)の敷地面積に対する割合のことをいいます。

(補足)前面道路による容積率算定係数
容積率は、指定された容積率の他、敷地が接する道路(前面道路)の幅員が12メートル未満の場合に、この前面道路の幅員に一定の係数を乗じた数値以下にする必要があります。

隣地斜線制限

隣地斜線制限の図

一定の高さを超えた部分について、隣地境界線までの距離に応じて建築物の高さを制限するものです。

道路斜線制限

隣地斜線制限の図

前面道路の幅員に応じて建築物の高さを制限するものです。

前面道路による容積率算定係数

容積率は、指定された容積率のほか、敷地が接する道路(前面道路)の幅員が12メートル未満の場合に、この前面道路の幅員に一定の係数を乗じた数値以下にする必要があります。

日影規制

一定の高さを超える建築物について、その建築物の敷地境界から一定の距離を超える範囲に一定時間以上の日影を生じさせないように、建築物の形態を規制し、周囲の日照などを保護しようとするものです。

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築行政課 
電話番号:048-829-1533 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る