ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年9月25日 / ページ番号:C001877

「住宅用家屋証明」とはどのようなものですか。また、要件と申請に必要なものを教えてください。

このページを印刷する

回答.

1 住宅用家屋証明書とは

個人が一定の要件を満たした住宅用の家屋を新築又は取得し、当該個人の居住の用に供した場合には、所有権の保存登記等に係る登録免許税の税率の軽減措置が受けられます。この軽減措置を受けるために住宅用家屋証明が必要になります。

2 要件は次のとおりです

  • 個人が、新築した家屋の場合は新築後1年以内、建築後使用されたことのない家屋(建売住宅・分譲マンション)又は建築後使用されたことのある家屋(中古住宅)の場合は取得後1年以内に登記を受けるものであること。
  • 新築又は取得した者が自己の居住の用に供する家屋であること。
  • 当該家屋の床面積(登記事項証明書上)が50平方メートル以上であること。
  • 当該家屋が区分所有建物である場合は建築基準法上の耐火建築物又は準耐火建築物または低層集合住宅であること。
  • 事務所、店舗等の併用住宅の場合は当該家屋の床面積(確認図面、もしくは土地家屋調査士作成の「床面積の算定証明書」)の90パーセントを超える部分が居宅であること。
  • 所有権の移転登記の場合は当該家屋の建築後の年数が、木造及び軽量鉄骨造では建築後20年以内、鉄筋コンクリート、鉄骨、鉄骨鉄筋コンクリート造等では建築後25年以内であること。(但し、要件を満たした耐震基準適合証明書等を添付したものについては築後経過年数要件を適用しません。)又、当該家屋の取得原因が売買又は競落であること

詳しくは、「申請窓口及びお問い合わせ先」にお問い合わせください。

3 申請には、次の書類が必要です

4 手数料がかかります

1件につき1,300円の手数料がかかります。

5 申請窓口・問い合わせ先はこちらです

申請窓口及び問い合わせ先は、各区役所くらし応援室となります。
対象の家屋が所在する区役所でなくても、市内の住宅用家屋であれば全ての区役所で証明発行の手続きが可能です。

申請窓口及びお問い合わせ先
区役所 担当 電話番号 ファックス
西区役所 くらし応援室 048-620-2628 048-620-2762
北区役所 くらし応援室 048-669-6028 048-669-6162
大宮区役所 くらし応援室 048-646-3028 048-646-3162
見沼区役所 くらし応援室 048-681-6028 048-681-6162
中央区役所 くらし応援室 048-840-6028 048-840-6162
桜区役所 くらし応援室 048-856-6138 048-856-6272
浦和区役所 くらし応援室 048-829-6054 048-829-6231
南区役所 くらし応援室 048-844-7138 048-844-7270
緑区役所 くらし応援室 048-712-1138 048-712-1272
岩槻区役所 くらし応援室 048-790-0130 048-790-0262
  • 大量の申請をされる場合には、翌日以降の交付となることがあります。
  • 登記の都合などで期限が決められている場合などは事前にご相談ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築総務課 
電話番号:048-829-1538 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る