ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年11月20日 / ページ番号:C001911

有害危険ごみの出し方

このページを印刷する

有害危険ごみの出し方(種類ごとに透明袋に入れる)

有害ごみの一覧画像

(出し方)次の種類ごとに別々の透明袋に入れ、収集所のはじに出してください。

  • 蛍光管
  • 乾電池
  • スプレーかん・カートリッジ式ボンベ
  • 水銀体温計
  • ライター

(注意)

  • スプレーかん・カートリッジ式ボンベ・ライターは、使い切ってから出してください。
  • 使い切れず、どうしても中身が残ってしまう場合には「中身あり」と書いた貼り紙をつけてください
  • ボタン型電池・充電式電池は、それぞれの販売店などに設置されている専用の回収箱に入れてください。
    小形充電式電池 小形充電式電池リサイクルの一般社団法人JBRC(新しいウィンドウで開きます)
    ボタン電池 一般社団法人電池工業会(新しいウィンドウで開きます)
  • 電球は「もえないごみ」に出してください。

有害危険ごみの収集曜日

 有害危険ごみの収集は、週1回(もえないごみ(岩槻区では金属・ガラス・陶器類)・資源物2類と同じ曜日)です。
 祝祭日も収集します。
 決められた曜日の当日朝8時30分までに、決められた収集所に出してください。
 お住まいの地区の収集曜日は、下記のリンク「家庭ごみの収集曜日一覧」からご確認ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/資源循環推進部/廃棄物対策課 
電話番号:048-829-1336 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る