ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年8月7日 / ページ番号:C037692

平成27年4月1日からパートタイム労働法が変わります!

このページを印刷する

パートタイム労働法の公正な待遇を確保し、納得して働くことができるようにするため、パートタイム労働法が改正されました。

改正の主なポイント

・正社員と差別的取り扱いが禁止されるパートタイム労働者の対象範囲が拡大されました。

・パートタイム労働者と正社員の待遇を相違させる場合は職務の内容等を考慮して、不合理と認められるものであってはならないとする「短時間労働者の待遇の原則」が新設されました。

・パートタイム労働者を雇い入れたときは、雇用管理の改善措置の内容について、事業主に説明義務が新設されました。

・パートタイム労働法の実効性を高めるための規定が新設されました。

※パートタイム労働法の対象となるパートタイム労働者とは、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される正社員の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」のことです。

問合わせ

厚生労働省ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
または 埼玉労働局雇用均等室(電話:048-600-6210)まで

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/労働政策課 
電話番号:048-829-1370 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る