ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年4月8日 / ページ番号:C001415

老齢基礎年金

このページを印刷する

老齢基礎年金は、保険料を25年以上(免除・学生納付特例・若年者納付猶予期間を含む)納めた方が65歳になったとき請求することにより支給されます。
ただし、以下の期間等についても合算対象期間として年金を受けるために必要な期間に算入されます(年金額には反映しません)。

  • 昭和61年3月までに被用者年金制度(厚生年金・共済組合)の加入者の20歳以上60歳未満の被扶養配偶者が国民年金に任意加入していなかった期間
  • 平成3年3月以前に国民年金に任意加入していなかった学生の期間
  • 昭和36年4月以後の期間で20歳から60歳までの間の海外在住期間
  • 厚生年金等から脱退手当金を受けた期間で昭和36年4月以後の期間
    (昭和61年4月以後の国民年金の加入期間が必要)

年金額(平成28年度)

老齢基礎年金の満額は780,100円です。ただし、保険料納付期間が40年に不足する場合や免除期間がある場合は減額されます。
また、付加保険料を納めていた方は老齢基礎年金に加えて付加年金が支給されます。

繰上げ請求

老齢基礎年金は65歳から支給されますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間に繰上げ支給の老齢基礎年金を受けることができます。ただし、請求時の年齢に応じて減額されます。
月単位の請求時の年齢に応じて以下の計算式による減額率により減額されます。

新減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

繰上げ請求の減額について
請求時の年齢 請求月から65歳になる月の前月までの月数 減額率
60歳0ヶ月~60歳11ヶ月 60月~49月 30.0%~24.5%
61歳0ヶ月~61歳11ヶ月 48月~37月 24.0%~18.5%
62歳0ヶ月~62歳11ヶ月 36月~25月 18.0%~12.5%
63歳0ヶ月~63歳11ヶ月 24月~13月 12.0%~6.5%
64歳0ヶ月~64歳11ヶ月 12月~1月 6.0%~0.5%

繰下げ請求

66歳以降に請求することにより、年齢に応じて増額される繰下げ支給の老齢基礎年金を受けることができます。請求時の年齢に応じて増額されます。
昭和16年4月2日以後に生まれた方については、月単位の申出時の年齢に応じて以下の計算式による新増額率により増額されます。また、昭和16年4月1日以前に生まれた方は、年単位の請求時の年齢による旧増額率により増額されます。

新増額率=0.7%×65歳になった月から繰下げ申出月の前月までの月数

繰下げ請求の増額について
請求時の年齢 請求月から65歳になった月の前月までの月数 新増額率 旧増額率
66歳0ヶ月~66歳11ヶ月 12月~23月 8.4%~16.1% 12%
67歳0ヶ月~67歳11ヶ月 24月~35月 16.8%~24.5% 26%
68歳0ヶ月~68歳11ヶ月 36月~47月 25.2%~32.9% 43%
69歳0ヶ月~69歳11ヶ月 48月~59月 33.6%~41.3% 64%
70歳0ヶ月~ 60月~ 42% 88%

手続きに必要なもの

  • 年金手帳
  • 預貯金通帳
  • 認め印
  • 戸籍謄本

上記の他に住民票や配偶者の共済組合加入期間確認通知書等が必要になる場合もありますので、区役所保険年金課でご確認ください。

なお、区役所で手続きが行えるのは、加入期間がすべて第1号被保険者の方だけです。第3号被保険者期間のある方、厚生年金・共済組合加入期間がある方は、年金事務所もしくは共済組合での手続きとなりますのでご注意ください。

お問い合わせ先

各区役所保険年金課(年金係)

電話番号
西区 048-620-2674
北区 048-669-6074
大宮区 048-646-3074
見沼区 048-681-6074
中央区 048-840-6074
桜区 048-856-6184
浦和区 048-829-6163
南区 048-844-7184
緑区 048-712-1184
岩槻区 048-790-0175

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 国民年金係
電話番号:048-829-1239 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る