ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年4月6日 / ページ番号:C001408

国民年金第1号被保険者が亡くなられたときの手続き

このページを印刷する

国民年金第1号被保険者の方が亡くなられたときは、区役所区民課に死亡の届出をしていただくことによって併せて国民年金の資格喪失の届出となります。なお、要件に該当すればご遺族は次の給付を受けることができます。

1 寡婦年金

国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間(保険料の免除を受けた期間を含む)が25年以上ある夫が死亡した場合、10年以上婚姻関係(事実婚を含む)のあった妻に、60歳から65歳の間支給されます。ただし、夫が障害基礎年金の受給権をもっていたことがあったり、老齢基礎年金の支給を受けていたりしたとき、また、妻が繰上げ支給の老齢基礎年金を受けているときは、寡婦年金は支給されません。
支給される年金額は、夫の死亡日の前月までの第1号被保険者としての被保険者期間について、老齢基礎年金の計算方法により計算した額の4分の3とされています。

2 死亡一時金

第1号被保険者として3年以上保険料を納付した人が、老齢基礎年金や障害基礎年金のいずれも受けないまま亡くなられたときに、生計を同一にしていたご遺族に支給されます。
金額は、第1号被保険者としての保険料納付月数によって異なります。

  • 36か月以上180か月未満 120,000円
  • 180か月以上240か月未満 145,000円
  • 240か月以上300か月未満 170,000円
  • 300か月以上360か月未満 220,000円
  • 360か月以上420か月未満 270,000円
  • 420か月以上 320,000円

※付加保険料を納付した期間が36月以上ある場合は、上記金額に加えて、一律8,500円が支給されます 。

3 手続きに必要なもの

次のものを持参し、区役所保険年金課で遺族基礎年金請求の手続きをすることができます。請求者以外の方が届出をする場合は、委任状及び代理の方の本人確認書類(運転免許証など)をご持参ください。ただし、請求の可否も含めて事前に区役所保険年金課へご確認ください。
※委任状は、任意の用紙に記入してください。記入する内容は、1.委任状の作成年月日 2.代理人(窓口に来られる方)の住所・氏名・生年月日 3.委任する手続き内容 4.委任する方の住所・氏名(自署してください)・押印・生年月日・連絡先となります。
死亡した方の年金手帳又は基礎年金番号通知書

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 請求者及び加算額の対象者と、死亡した方との身分関係を明らかにすることができる戸籍の謄本
  • 住民票
  • 死亡診断書等
  • 請求者の預貯金通帳

お問い合わせは区役所保険年金課(年金係)まで

西 区 電話番号 048-620-2674 FAX番号 048-620-2768
北 区 電話番号 048-669-6074 FAX番号 048-669-6167
大宮区 電話番号 048-646-3074 FAX番号 048-646-3168
見沼区 電話番号 048-681-6074 FAX番号 048-681-6168
中央区 電話番号 048-840-6074 FAX番号 048-840-6168
桜 区 電話番号 048-856-6184 FAX番号 048-856-6278
浦和区 電話番号 048-829-6163 FAX番号 048-829-6234
南 区 電話番号 048-844-7184 FAX番号 048-844-7278
緑 区 電話番号 048-712-1184 FAX番号 048-712-1271
岩槻区 電話番号 048-790-0175 FAX番号 048-790-0268

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 国民年金係
電話番号:048-829-1239 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る