ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年9月10日 / ページ番号:C001374

一部負担金

国民健康保険加入者が、保険証を使用して医療機関で診療を受けるとき、その診療などに要した費用の一部を医療機関に支払わなければなりません。

一部負担金の割合

  • 義務教育就学前 2割
  • 義務教育就学後 70歳未満 3割
  • 70歳以上 2割(注) (現役並み所得者は3割)
    (注)平成26年4月1日以前に70歳の誕生日を迎えた方(誕生日が昭和19年4月1日以前の方) は軽減特例措置の対象となるため 1割

(補足)一部負担金の減免制度
生活が一時的に苦しく、医療費の支払が困難となった世帯に対し、医療機関の窓口で支払う医療費自己負担割合が、免除・徴収猶予される制度です。但し、保険外診療分、食事療養標準負担額及び生活療養標準負担額は免除・猶予の対象に含まれません。
また、本市では、入院時の医療費の一部負担金のみを対象とし、外来は含みません。

現役並み所得者とは

世帯内の70歳以上の国民健康保険加入者の中で、前年(1月から7月までの診療については前々年)の課税所得(市民税の課税標準額)が145万円以上の方が1人でもいる場合には、世帯内の70歳以上の方はすべて現役並み所得者となります。
ただし、現役並み所得者と判定された場合でも、70歳以上の国保加入者の方が1人の場合で年収額383万円未満のとき、70歳以上の国保加入者の方が2人以上の場合で年収額の合計が520万円未満のときは、申請いただくことにより、一部負担金の割合が1割となります。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/国民健康保険課 給付係
電話番号:048-829-1275 ファックス:048-829-1938

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る