ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C016501

同一の住居番号の解消について(住居表示実施地区)

このページを印刷する

住居表示実施地区において、住居番号は、道路等に沿って10メートルから15メートル間隔に「フロンテージ」を定め、建物の出入口の位置がかかる「基礎番号」に応じて設定します。
(見沼区春野1丁目から3丁目を除く。)

住居番号の付定(例)

このため、同じ間隔の中に複数の建物がある場合、住居番号(住所)が同じになってしまう場合があります。

同一住居番号の発生(例)

そういった問題を解消するため、さいたま市では、平成20年11月より、希望される皆様からの申出により、住居番号に「枝番号」を付けて住所を区別できるようにする制度を設けています。

枝番の付定(例)

注意点

来庁される前に必ずお読みください。

  • 枝番号の付定につきましては、住居表示を実施している地区のみが対象となり、地番で住所を表示している地区につきましては対象となりません。
    (補足)住居表示実施地区の一覧につきましては、下記関連ファイルをご参照ください。
  • 地区の状況によっては、かえって枝番号を付さないほうがよいケースもあります。お住まいの区民課窓口にて、住居表示台帳をご確認ください。
  • 枝番号の付し方にはルールがあるため、ご希望の番号にすることはできません。
  • 住所の変更となるため、区民課窓口へ、住居番号変更の申出とともに「住民異動届」を提出いただくことになります。
  • 住民票や印鑑登録等のデータは市で書き換えを行いますが、住民の皆様自身に住所変更の手続を行っていただくものもあります。その手続きが有料である場合、その費用についてはご自身の負担となり、市では負担できません。
    【住所変更の手続きが必要な事例】
    • 自動車の運転免許証
    • 自動車の車検証
    • 土地・建物登記簿の所有者欄の住所変更
      (補足)区民課窓口で発行する住居表示変更証明書を持参すれば、登録免許税はかかりません。
      ただし、手続きを第三者(司法書士等)に依頼した場合、その費用はご自身の負担となります。
    • 勤務先、金融機関、保険会社等への届出 等
  • 友人・知人へ住所変更をお知らせするハガキ代、表札の住所書換えに伴う費用等につきましてもご自身の負担となり、市では負担できません。

このため、枝番号の付定につきましては、これら注意点を充分ご理解いただいたうえで、希望される方が窓口で申出された場合のみに行っていますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

詳細については、お住まいの区の区民課へ。

  • 西区 電話番号:048-620-2634
  • 大宮区 電話番号:048-646-3034
  • 見沼区 電話番号:048-681-6034
  • 中央区 電話番号:048-840-6034
  • 桜区 電話番号:048-856-6144
  • 浦和区 電話番号:048-829-6069
  • 南区 電話番号:048-844-7144
  • 緑区 電話番号:048-712-1144
  • 岩槻区 電話番号:048-790-0136

(補足)北区では、住居表示を実施しておりません。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市民局/区政推進部 
電話番号:048-829-1834 ファックス:048-829-1992

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る